ソファの処分は無料?処分方法おすすめ7選と費用を解説

自宅の模様替えや引っ越しの際には、ソファを処分しなければならない場合があります。

ソファは大きく重いため、自分で運搬するのが困難です。出張対応してくれる方法で、あまり費用を掛けずに処分するのが望ましいでしょう。

また、ソファの状態次第では買取ってもらえる可能性もあり、その場合はむしろ収入を得ることが可能です。この記事ではソファの処分方法や費用について紹介します。ソファを処分できずにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ソファの処分方法7選!買取や無料で処分する方法も

ソファの処分方法は、大きく分けて次の7つの方法があります。

  • リサイクルショップ・買取業者に買い取ってもらう
  • メルカリなどオークションアプリ、フリマアプリで売却
  • 解体して自治体で無料処分
  • 自治体のリユースサービスを活用して無料で処分
  • 店舗に引き取ってもらう
  • 粗大ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者を利用する

うまくいけば現金が得られるもの、無料で処分できるもの、有料のものがあります。それぞれの特徴を踏まえて、自分にあった方法で処分しましょう。

リサイクルショップ・買取業者に買い取ってもらう

家具を扱うリサイクルショップや買取業者であれば、ソファの買取に対応している場合も少なくありません。リサイクルショップ・買取業者は、不要になった商品を消費者から買い取って、クリーニングや修繕などを施したうえで再度販売するビジネスモデルです。

処分予定のソファがさほど古くなく、傷や汚れなどがなければ買い取ってもらえる可能性が高まります。ブランドもののソファなど高級な製品の方が高価買取が期待できます。買い取ってもらえる使用年数の目安は以下の通りです。

  • 一般的なソファ:5年以内
  • 高級ブランドソファ:10年以内

リサイクルショップ・買取業者のメリット・留意点

リサイクルショップ、買取業者への売却により処分する最大のメリットは、ソファの処分を通じて現金収入が得られる点です。ソファのような大型家具を処分するとなると、消費者が費用を支払う必要があるケースも少なくありません。買取であれば、逆に収入が得られるのは、大きなメリットといえます。

一方で、全てのソファが買取対応してもらえるとは限りません。古いソファや劣化が激しいソファは、買取不可となって結局別の処分方法を検討せざるを得ない可能性があります。ソファの状態が明らかに悪い場合は、別の処分方法を検討したほうがよいでしょう。

出張買取に対応した業者を利用するのがおすすめ

ソファを買取依頼するときには、出張買取に対応した業者を選びましょう。リサイクルショップや買取業者の取引方法としては、大きく分けて次の3つがあります。

  • 宅配買取
  • 店舗買取
  • 出張買取

ソファはサイズが大きいため、宅配買取を利用するのは現実的ではありません。また、店舗買取では現地まで利用者がソファを持ち込まなければならないため、運搬に手間がかかります。大型車を持っていない限り、そもそも運搬は困難です。

ソファの買取を依頼するときには、あらかじめ出張買取に対応している業者を選びましょう。また業者によっては出張料がかかる場合があります。できるだけ手数料無料の業者を選んだ方が、手数料を考慮したときの収入を増やせます。

メルカリなどオークションアプリ、フリマアプリで売却

メルカリやヤフオクなどのオークションアプリ、フリマアプリなどで売却する方法もあります。これらのアプリはあらゆる製品の買い手を募ることができ、ソファをはじめとした家具にも対応しています。

写真や出品者がまとめた情報をもとに購入を決めるため、うまく品質の良さをアピールできれば高値で売れるチャンスもあるでしょう。使用状態の良いものや、アンティークもの、ブランドものは、特に高価での売却が期待できます。

オークションアプリ、フリマアプリのメリット・留意点

オークションアプリ、フリマアプリもまた、うまく売れれば収入を得られるのがメリットです。1人でも買い手がいれば売却できるため、製品によっては業者より高値がつく可能性もあるでしょう。リサイクルショップや業者のように売却時の利ざやを気にして値付けをする必要がない点でも、より高値がつく余地があるといえます。

一方で、買い手はWeb上の情報のみをもとに購入を判断します。記載情報や写真と実際の製品に乖離があると、後でトラブルになるリスクがあるので注意しましょう。もちろん、製品の魅力がいまいちだったり、価格が高すぎたりすれば売れないリスクもあります。

最後に、オークションアプリ、フリマアプリの場合は運搬を自分で手配しなければならない点にも注意が必要です。通常の宅配では対応してもらえない可能性が高く、家具運搬に特化した業者へ依頼しなければなりません。大型の運搬になるため、配送料が高くなる可能性が高いといえます。

解体して自治体で処分すれば無料になることも

そのままでは大きなソファも、解体すれば通常のゴミとして出すことができる場合があります。通常の燃えないゴミ・燃えるゴミなどに出せるため、厳密にはゴミ袋代がかかりますが、ほぼ無料で処分することができるでしょう。

金属製品は30cm未満、プラスチックや木の部品は50cm未満であれば家庭ごみとして出せるケースが多いです。ゴミのルールは自治体により異なるので、各地のルールをあらかじめ確認したうえで、要件を満たす大きさまで解体して家庭ゴミで出すことを検討してみてください。

解体して自治体で処分することのメリット・留意点

解体してゴミに出せば、ほとんどコストをかけずに処分ができます。ソファをはじめとした大型家具は通常「粗大ゴミ」となり、自治体で処分するにしても一定の費用がかかります。

出張での不用品回収では運搬料や手数料がかかる場合もあります。解体して家庭ゴミに出すことができれば、処分費用・運搬費用がかからないため、ゴミ袋代だけで処分が可能です。また、運搬の手間が小さくなるのもメリットと言えます。

注意点としては、解体に手間がかかる点です。ほとんどのソファでは、解体にノコギリや金属を切ることができる刃物が必要になります。自宅にもともと工具がある場合はいいですが、ない場合は工具を用意する費用でかえって高くつく恐れもあるでしょう。

仮に工具が揃っていたとしても、大型の家具の解体の経験がなければ作業は困難です。鋭利な刃物を扱うため、ケガのリスクも高い行為といえます。大掛かりなDIYや解体の経験があるなど、解体作業をスムーズに実行できる方以外には向かない方法です。

自治体のリユースサービスを活用して無料で処分

近年は、自治体が主導して家具のリユースサービスを行っている場合があります。状態のよいソファであれば、費用をかけずに処分可能です。

例えば東京都港区では「家具のリサイクル展」を開催していて、無料で引き取った家具を安価で販売しています。状態がよければ、ソファの引き取りも可能です。また、東京都墨田区では、リサイクルショップと連携して、不用品の一括査定ができるサービスを行っています。

リユースサービスをうまく活用すれば、粗大ゴミによる処分と異なり費用をかけずに不要になったソファの処分が可能です。

自治体のリユースサービスを活用することのメリット・留意点

メリットとしては、方法によってはコストがかかるソファの処分を無料で完了できる点です。買取制度があれば、むしろ現金収入を得ることもできます。また、不要品回収業者の中には悪徳業者がいるリスクがありますが、自治体が手がけるサービスなら安心です。

留意点としては、そもそもリユースサービスを実施している自治体が少ないことです。基本的には各自治体の住民向けのサービスなので、住んでいる地域によっては利用しようがありません。まずは、自分が住む自治体にリユースサービスがあるかを見ておきましょう。

また、先に紹介した港区のように、リユースサービスの利用可否に査定があり、品質の良いものでなければ利用できない場合もあります。品質が良いソファであれば、出張買取やフリマアプリで値が付く可能性もあるので、安易に無料引き取りを利用しないよう注意しましょう。

店舗に引き取ってもらう

家具店やECサービスによっては、ソファや大型家具を購入・納品する際に古いソファを引き取ってくれるサービスを行っています。

無料引き取りの場合であれば、コストをかけずに処分が可能です。また、有料の場合も不要品回収業者や自治体の粗大ゴミよりは安価な場合もあります。大きな家具の購入やソファの買い替えに際して古いソファを処分するときには、その店舗の引取りサービスをみておきましょう。

店舗に引き取ってもらうことのメリット・留意点

店舗で引き取ってもらうことのメリットとしては、まずコストを抑えて処分できる可能性があることです。また、多くが新しいソファや家具の設置と合わせて処分してくれるため、運搬の手間がかかりません。家具の購入時に処分の手続きをワンストップで済ませられるのもメリットと言えます。

注意点としては、そもそもソファや大型家具を購入しなければ利用できない点です。単純に家具を減らす目的でソファを処分したいときには利用できません。また、サービスによって費用が異なり、さらに地域が限定されているサービスもあります。自分が住む地域でも利用できるかを、あらかじめ確認しておきましょう。

ニトリではソファ引き取りサービスを行う

ニトリでは、購入する家具と同容量の製品を引き取るサービスを行っています。

一つの家具引取あたり4,400円かかりますが、搬出などはニトリのスタッフが行ってくれるため、処分の手間が省けるのが魅力です。マンションに一人暮らしで、自力で運搬・搬出するのが困難な方には便利なサービスといえるでしょう。

なお、購入するソファと処分するソファのサイズが違うときには、引取に応じてもらえない可能性もあるので、サービスを利用する場合には、事前に処分予定のソファのサイズを伝えておくとスムーズです。

粗大ゴミとして処分する

自治体のルールに従って、粗大ゴミとしての処分が可能です。ゴミの回収ルールや費用は自治体によって大きく異なるので、自治体のルールを確認しましょう。

自宅まで回収に来てくれる自治体と、指定場所までの持ち込みが必要な自治体があります。

粗大ゴミとして処分することのメリット・留意点

ソファの状態やその地域での民間業者のサービス内容にもよりますが、粗大ゴミで処分するのがリーズナブルなケースも少なくありません。例えば横浜市であれば1,000円程度で処分が完了します。

留意点としては、ゴミに出す方法が地域によって大きく異なることです。少なくとも自宅の前までは運搬が必要なケースが多いため、不用品回収業者よりは手間がかかる場合も少なくありません。玄関先や指定場所への搬出自体が困難な方の場合は、粗大ゴミ以外の方法を検討する必要があります。

また、ソファの粗大ゴミでの処分に対応していない可能性も。必ず自治体のWebサイトなどで、住む地域の粗大ゴミの処分方法を確認して利用しましょう。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用するのも一つの方法です。不用品回収業者は、家具・家電などさまざまな不用品を一括で回収してくれます。費用は業者によってさまざまなので、事前に見積もりなどをしたうえで正式に回収を依頼するのがおすすめです。

多くの業者は、自宅まで引き取りに来てくれます。また、利用者にとって都合の良い日時に引き取りを依頼できるのも特徴です。

不用品回収業者のメリット・留意点

不用品回収業者は、手間なく都合の良いタイミングに処分できるのが特徴です。また、ソファの他にも不用品がある場合は、まとめて一括で引き取ってもらえます。引越しや大規模リフォームなどの際に大量の不用品が出る場合などにはおすすめです。

一方で、業者によっては引き取り料が高くつく場合があります。特に買取に対応していない業者を利用してしまうと、本来は値段がつくソファをコストを払って処分することになりかねないので注意しましょう。

その点、パワーセラーなら買取・回収双方に対応しているため、高品質なソファなら収入を得ることが可能です。出張での処分に対応しているため、手間なくソファを引き取ってもらえます。

パワーセラーの出張買取・回収について詳しく知りたい方はこちら。

パワーセラーの出張買取

ソファの買取事例

パワーセラーでは、ソファの買取事例が複数あります。たとえば、ニトリ製の二人がけソファを1,000円で買い取った事例があります。そのほか、買取価格の目安は以下の通りです。

  • 布ソファ:買取不可~3,000円
  • 皮ソファ:買取不可~10,000円

いずれも状態が悪ければ買取不可になります。皮ソファの方が、元値が高い製品が多い傾向があるため、品質次第で高値が付く可能性があるでしょう。処分を検討しているソファの状態が良い場合には、まずは買取で相談してみるのも一案です。

ソファの処分価格はいくら?

続いて、ソファを買い取り以外で処分する場合の費用イメージをまとめました。方法により費用は異なりますが、おおむね無料~数千円程度で処分が可能です。

店舗に引き取ってもらう場合

店舗やECサービスで引き取ってもらう場合の価格の例は次の通りです。

店舗引取金額(税込)対応家具
ニトリ4,400円大型家具を購入したときで、同数量・同容量まで引取可能
無印良品4,000円大型家具を購入したときで、同数量・同容量まで引取可能
イケア無料大型家具を購入したときで、同数量・同容量まで引取可能。アウトレット商品は対象外
ベルメゾン無料購入家具と同数量まで
AMAZON無料(地域が限定される)購入家具と同数・同等と見なせるものに限る

上記の例の中では、最大で4,400円かかります。次に紹介する粗大ゴミの方が費用としては安い場合もある一方、粗大ゴミは通常少なくとも家の前まで運搬が必要です。作業負担と費用の双方を踏まえて、自分にとって便利な方法で処分してください。

粗大ゴミとして出す場合

粗大ゴミは、自治体によってルールが異なります。一例として特別区・市ごとの費用をまとめました。

自治体費用
東京都港区1人がけ:900円2人がけ:2,300円
横浜市1人がけ:200~500円2人がけ:200~1,000円
大阪市1人がけ:700円2人がけ:1,000円
名古屋市1人がけ応接いす:500円2人がけ応接いす:1,500円

上記で例示した自治体では、いずれも1人がけと2人がけで異なる費用が設定されています。1人がけであれば数百円程度の低コストで処分が可能です。

不用品回収業者の場合

不用品回収業者の場合、業者によって費用が異なりますが、数千円~1万円前後に収まるケースが多いです。少し費用はかかりますが、スタッフが運び出してくれるサービスが多いため、処分に手間がかかりません。また、数や量の制限があまりなく、一度に大量の家具を処分できるのも特徴です。

参考までに、パワーセラーで処分する場合の料金は次の通りです。

  • 一人がけソファー:3,000円~5,000円
  • 二人がけソファー:4,000円〜8,000円
  • 三人がけソファー:8,000円〜12,000円
  • ソファーベッド:8,000円~12,000円

なお、パワーセラーでは品質がよければ買取も可能です。リサイクルショップで買い取ってもらえなかったときに改めて不用品回収業者に依頼することによる二度手間が省けます。費用について、詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

パワーセラーのソファーの処分価格はこちら

また、パワーセラーではソファー以外にも多様な家具・家電の買取を行っています。ソファ以外の価格帯も確認したい方は、こちらをご覧ください。

パワーセラーの主な家具の価格はこちら

ソファの処分方法の検討

ソファの処分方法を考えるうえでは、次のようなポイントに着目していきましょう。

  • 買取の余地があるかを考える
  • 処分にかかる手間で比較する
  • 費用で検討する
  • 処分にかかる日数も重要

自分にとって最適な方法でソファの処分を進めてください。

買取の余地があるかを考える

不用品として処分すればコストが発生するのに対して、買取なら現金収入が得られるので、まずは買取の余地を考えるのが第一です。ソファを買い取ってもらえるかは業者の査定次第ですが、次の様なソファであれば可能性は高まるでしょう。

  • 使用年数が少ない
  • 傷や汚れが少ない
  • クッションの柔らかさが残っているなど使用感が良好
  • ブランド物・高級品である

出張料がかからない出張買取業者であれば、買取不可となっても費用はかかりません。時間的な余裕があるなら、念のため査定を依頼するのも一案です。一方で、遠方への引っ越しなど、速やかに処分しなければならない場合や、何度も業者と相談するのが煩わしいなら、他の手段を選択した方がよいでしょう。

処分にかかる手間で比較する

ソファのような大型の家具は、処分にかかる手間も考慮して処分方法を検討しましょう。ソファの引き取り方法には、大きく分けて3つあります。

  • 処分する業者・施設に持ち込む
  • 自宅前や周辺の所定の場所に持ち込む
  • スタッフが自宅に入って運搬してくれる

ソファは大きく重いため、自分で運搬するのは大変です。複数人がけのソファともなると、そもそも自力での運搬は現実的ではないでしょう。自治体の粗大ゴミの場合は、自宅前や周辺までソファを持ち運ばなければならない場合もあります。短い距離の運搬なので力のある男性なら可能ですが、人によってはやはり大きな負担になるでしょう。

スタッフが出張して処分してくれるサービスなら、手間をかけずにソファの処分が可能です。なお、パワーセラーもこのタイプで、利用者に運搬の手間はかかりません。

費用で検討する

ソファの処分では、次のような収支が発生します。

  • 買取価格が収入になる
  • 無料で処分できる
  • 費用が発生する

買取で値がつかないのであれば、できるだけコストをかけずに処分したいところです。たとえば、自治体の一部のサービスであれば無料で処分できます。同規模の家具を購入する場合であれば、無料引き取りに対応した家具店やECショップもあります。

一方で、粗大ゴミや不用品回収業者を利用する場合には一定のコストがかかります。出張引き取りに対応している不用品回収業者の方が高くなる場合も少なくありません。手間と費用どちらを重視するかを踏まえて、自分にあった方法を選択しましょう。

処分にかかる日数も重要

利用者の状況によっては、処分にかかる日数が重要な場合もあります。一旦処分した後にゆっくり新しいソファを選ぶ、処分するだけで買い替えの予定がないなどの場合は急ぐ必要はないでしょう。一方で、引越しや新しいソファとの買い替えの場合は、早めに古いソファを手放す必要があります。

買取査定を活用する場合、値がつかなかったら改めて別の処分方法を検討しなければなりません。そのため、想定より時間がかかるリスクがあります。フリマアプリ、オークションアプリも、買い手が現れるまでの期間が不確実です。

自治体の無料引き取りサービスは、実施日が決まっている場合があります。粗大ゴミも出せる日が決まっているケースが多いです。家具店・ECサービスの引き取りであれば、ソファ購入と同時にソファを引き取ってもらえます。また、不用品回収業者も、予約さえできれば任意のタイミングで処分可能です。

なお、パワーセラーは不用品買取と処分を兼ねたサービスなので、品質がよければ買取依頼ができ、難しくてもそのまま処分してもらえます。日数をかけずにソファの処分が可能です。

ソファの処分でしばしば困る3つのポイントと解決策

ソファの処分では、しばしば次のようなポイントが悩みの元となります。

  • 2階にあるソファはどうする?|クレーンでの搬出が可能な場合も
  • ソファの付属品はどうする?|一緒に処分するのが基本
  • ソファは自力で分解できる?|工具があれば可能だが難易度は高い

それぞれのポイントを詳しく紹介していきます。

2階にあるソファはどうする?|クレーンでの搬出が可能な場合も

ソファが2階にある場合は、まず階段を通ることができるか確認しましょう。ソファを購入して搬入したときに階段を通して2階に運んだのであれば、基本的に通すことは可能なはずです。

パワーセラーが対応したほとんどのケースでは、階段などを通じて搬出が可能でした。ソファを購入時に廊下・階段を通じて搬入した場合には、基本的に搬出もできるはずです。ただし、個人での運搬は難しいので、不用品回収業者など搬出をサービスとして行っている方法を選択するのがよいでしょう。

実際にはレアケースですが、階段が狭い、廊下の構造が入り組んでいるなどの理由で搬出が難しい場合には、追加料金を支払ってクレーンや吊り下げ作業で搬出する必要があります。対応可否は業者によって異なるので、廊下・階段を通るか不安な場合には、利用する業者や自治体サービスにクレーン搬出の可否を確認しておくとよいでしょう。

なお、クレーン搬出や吊り下げ作業による搬出には、通常の運搬よりも費用がかかります。目安としては以下の通りです。

  • クレーン作業:40,000~60,000円程度
  • 吊り下げ作業:15,000円~25,000円程度

どうしてもコストを抑えたい場合には、室内から搬出できる程度にソファを解体しておくなどの工夫をしておきましょう。

ソファの付属品はどうする?|一緒に処分するのが基本

ソファの付属品は、全て一緒に処分するのが基本です。まず、買取の場合は、付属品が揃っていた方が買取価格が高くなる可能性があります。取扱説明書や予備部品まであるのが最善です。

処分の場合も、付属のクッションなどがあれば、基本的に一緒に処分してもらえます。付属品がよほど多くない限り追加料金はかからないと想定されますが、不安な場合は念のため利用するサービスに確認しておいた方がいいでしょう。

なお、高級ソファなどでは付属品としてオットマンがついている場合もあります。基本的にソファと一緒に処分可能ですが、料金はあらかじめ確認したうえで処分を依頼しましょう。

ソファは自力で解体できる?|工具があれば可能だが難易度は高い

ソファの解体には、布や薄い皮を切れる頑丈なハサミやノコギリが必要です。ソファの骨組みに金属が使われている場合は、金属を切断できるノコギリでなければなりません。もちろん軍手や解体したソファを詰める大きな袋なども必要です。

仮に道具が揃っていたとしても、解体は力仕事でかなりの負担になります。また、大型のソファを解体するとなると、相応のスペースも必要です。充分な準備なく無理に作業を進めると、怪我のリスクを高めます。

普段から工作やDIYを行っている方なら比較的スムーズに解体可能ですが、そうで泣ければ難易度は高いでしょう。特に工具が今現在で元にない場合は、工具を揃える費用が処分費用より高くなる可能性もあります。

搬出が困難であるなど、特段の事情がない限り解体して処分するのはおすすめできません。無理をせず粗大ゴミのルールや不用品回収業者を活用して処分しましょう。

まとめ

ソファは自宅にある家具の中で大型なものの一つなので、しばしば処分方法に困る方がいます。今回の記事を参考に、買取や引き取り、粗大ゴミとして処分するなど、自分にあった方法で処分を進めてください。処分方法を検討するときには、費用だけでなく処分にかかる日数や手間にも着目しましょう。

なお、パワーセラーではソファをはじめとしたさまざまな家具の出張処分に対応しています。品質がよければ買取査定もしますし寄付にも対応しています。パワーセラーであれば買取か処分か悩む必要もなく、また、スタッフが運搬するため処分に手間もかかりません。

多様な家具の買取・処分に対応しているので、引越しの際など処分品が大量にあるときにも便利です。ソファをはじめ、処分したい家具がある方は、ぜひご相談ください。

パワーセラーの詳細はこちら。

パワーセラーにソファの出張処分を相談する

関連記事

  • 関連記事はまだありません。

新着記事