捨てるのに困るマットレスの処分方法6選!無料で捨てる方法と注意点を解説

マットレスの処分方法

寝苦しい夜にも、快眠をもたらしてくれるベッドマットレス。もしもマットレスが不要となった場合、どのように処分したらいいのでしょうか?

ここでは、処分に困るベッドマットレスの最適な処分方法についてご紹介します。処分方法でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベッドマットレスを粗大ごみとして処理する

ベッドマットレスは、自治体によっては「粗大ごみ」として処分することが可能です。引き取れるマットレスの条件は自治体によって異なるため、自治体のWebサイトを確認したり、問い合わせたりしてみましょう。

粗大ごみは家の前や指定場所にだしておけば、自治体の仕事をした受けてしている業者が引き取って処分してくれます。自分でゴミ処理所などに持ち込んで処分してもらうこともできますが、ベッドマットレスは大きいため、自力で運搬するのは困難です。軽トラックなど大きな荷物を運搬する手段を持っていない限りは、自治体に運搬してもらうのがよいでしょう。

基本的な処分の手順としては、まず指定の料金分の粗大ごみ処理券を購入し、処分するマットレスへ貼り付けます。そのうえで、自治体の担当部署に粗大ごみの処分依頼をだして、運搬日を予約します。あとは当日に指定場所へと運搬すれば、処分してもらえます。

粗大ごみの費用の例

いくつかの自治体の粗大ごみの処分目安をまとめました。

◯東京都江東区

マットレス(シングル〜セミダブルサイズ) 1,200円

マットレス(クイーン〜キングサイズ)   2,000円

◯東京都新宿区

ベッドマット   1,200円

◯埼玉県朝霧市

スプリング入りマットレス   2,200円

(特定適正処理困難物)

◯神奈川県横浜市

スプリング入りベッドマットレス   2,200円

スプリング無しベッドマットレス   1,000円

粗大ごみに出すメリットと注意点

粗大ごみに出すメリットは、不用品回収業者や家具業者等への引取と比べると費用が安い傾向にある点です。たとえば不用品回収業者を利用すると数千円~1万円以上の費用がかかるケースが多いでしょう。また、自治体の制度を利用するため、悪徳業者とのトラブルの心配がない点で安心です。

注意点としては、マットレスの種類によっては、処分を断られることがあります。あらかじめ自治体にマットレスサイズや材質を伝えて、処分可能か確認しておきましょう。また、自治体のサービスの場合、通常は処分するマットレスを自宅周辺の回収場所もしくは自宅の前に出す必要があります。自宅内から外まで運搬する手間が発生するため、女性や高齢者の一人暮らしの場合などには苦労するでしょう。

リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらう

一定条件を満たすベッドマットレスであれば、リサイクルショップや買取業者に買い取ってもらえる可能性があります。

リサイクルショップ・買取業者の買取事例

マットレスは高級品かつ品質の良い製品であれば。高価買取の可能性もあります。目安としては次の通りです。

  • フランスベッド マットレスのみ:10,000円程度
  • エアウィーヴ シングルベッドマットレス:40,000円程度
  • シモンズ ダブルマットレス ビューティレスト ゴールデンバリュー:20,000円程度

買取の場合は、ベッドごと査定した方が高額になる可能性もあります。引っ越し等でベッド自体の処分を検討している方は、ベット全体での査定を受けるのも一案です。

買取可能なベッドマットレスとは?

次のような条件に当てはまるマットレスが、買取に応じてもらえる可能性が高いといえます。

  • シモンズやフランスベッドなどの高級ブランド
  • 使用して間もない状態
  • 傷や汚れが少ない
  • スプリングに凹みがない など

特に、シングル〜セミダブルのサイズ、ポケットコイル製なら高価買取が狙いやすいでしょう。ダブル~クイーン以上になると置き場所が限られているため、高級品でなければ値が付きにくくなります。

また、上記に当てはまらない中古マットレスだと、買取を断られるケースが多いです。中古のマットレスは需要が多くないので、再販しても利益を得るまでに時間がかかるためです。

ベッドマットレスを買取ってもらうメリットと注意点

最大のメリットは、費用をかけずに処分できる点です。値が付けば逆に現金収入が得られますし、仮に買取価格が0円でもコストを支払って処分するよりは経済的といえます。また、買取業者によっては出張買取に対応しています。同サービスでは買取業者のスタッフが自宅からの搬出に対応してくれるため、手間なくベッドを処分できるのもメリットです。

逆に、店舗で査定・買取する場合には、自分で店舗まで運搬しなければならないのが注意点といえるでしょう。また、すべてのマットレスが買い取ってもらえるわけではありません。むしろ、家具量販店で購入するような汎用品は買取り不可となるケースが多いでしょう。買取不可になると改めて別の処分方法を検討しなければならないため、かえって二度手間になってしまいます。

新しいものを購入時に引き取ってもらう

マットレスを買い換える際には、購入店舗にて古いものを回収処分してもらえないか、尋ねてみましょう。店舗によっては、新しいものの配送と同時に、無料または有料で引き取ってもらえることがあります。

しかし、すべての店舗で引き取ってもらえるわけではありません。回収サービスは店舗によって大きく異なりますので、もしも買取と同時に回収してもらいたいなら、最初に問い合わせてみましょう。

ニトリの家具引取サービス

大手家具量販店のニトリでは、家具の購入時に今ある家具を引き取ってくれるサービスを実施しています。本サービスの基本的な条件は次の通りです。

  • 新しい家具をニトリで購入する人が利用できる
  • 購入商品と同数量・同容量までの家具を回収
  • 購入した商品配送日の4日前までに依頼
  • 回収費用は税込4,400円

つまり、同等のサイズのベッドを購入した場合には、マットレスの引取に応じてくれます。また、別の家具でも「マットレスより購入した家具の容量・数量が多い」と判断されれば買取に応じてもらえる可能性があるので、ニトリに相談してみましょう。

そのほかの家具引取サービス費用

ニトリ以外でも次のような引取サービスを各社実施しています。

店舗引取金額(税込)対応家具
無印良品4,000円大型家具を購入したときで、同数量・同容量まで引取可能
イケア無料大型家具を購入したときで、同数量・同容量まで引取可能。
アウトレット商品は対象外
ベルメゾン無料購入家具と同数量まで
AMAZON無料
(地域が限定される)
購入家具と同数・同等と見なせるものに限る

購入した家具と同様量・同数量に該当するかを事前に相談して、必要に応じて利用してください。

引取サービスを利用するメリットと注意点

メリットとしては、新しい製品が来ると同時に処分してもらえることです。また、不用品回収業者と比べれば、処分費用がリーズナブルなケースもあるでしょう。家具の設置に対応している業者であれば、基本的にスタッフが設置場所から搬出してくれます。運搬の手間・負担もかかりません。

注意点としては、家具を購入したときにしか利用できない点です。引っ越しや家族の独立などによる単純な処分の際には、この方法は利用できません。

不用品回収業者に依頼する

粗大ごみに出せない、買取してもらえない、買い替えの予定もない…。などの理由で処分にお困りなら、地域の不用品回収業者に依頼してみましょう。

不用品回収業者とは、自宅で不要となったものをほとんど回収してくれる業者のことです。自宅まで出張してくれるので、自分で運搬する手間が省けます。マットレス以外にも不用品があれば、同時に引き取ってくれますよ。

パワーセラーの処分費用

パワーセラーの場合、マットレス単体の処分費用は次の通りです。

  • マットレスのみ(シングル) 7,000円
  • マットレスのみ(セミダブル) 7,000円

ただし、8,000円~10,000円の最低回収料金があるため、ほかの不用品処分がない場合には、実質的には8,000円~10,000円となります。

パワーセラーでは軽トラ1台分の処分がまとめて25,000円となるなど、複数の不用品を一括回収した方がお得に処分できる場合も。引っ越しなどで複数の不用品があるときには、まとめて処分依頼をしましょう。

不用品回収業者を利用するメリット・注意点

不用品回収業者の多くは、スタッフが設置場所から直接搬出してくれます。運搬の手間や負担がかからないのはメリットの一つです。また、比較的柔軟に日程を調整してくれるのも特徴です。業者によっては、連絡したその日のうちに回収してくれるところもあります。

粗大ごみだと指定日まで待たなければならないので、スピーディに回収してもらえる点はとても便利です。引っ越しで日にちがない人にもおすすめです。

また、複数の不用品があるときに、まとめて回収してもらえるのもメリットの一つです。大量の不用品があるときには、業者に依頼するのがとくに便利でしょう。

注意点としては、マットレス単体の処分費用としては高額になる点です。粗大ごみや家具店での引取の方が安く済む可能性はあります。また「無料処分」などと謳ってあとで不明瞭な料金を徴収する違法業者・悪徳業者がいる点にも注意が必要です。

その点では、不用品回収・買取で確かな実績をもつパワーセラーであれば安心です。不用品回収業者である当社パワーセラーでも、マットレスの処分回収を承っております。東京・神奈川・千葉・埼玉の対象エリアのお客様で処分にお困りのマットレスはございませんか?

解体して一般ゴミに出す

マットレスを解体して燃えるゴミ・燃えないゴミに出す方法もあります。そのままでは大きなマットレスも、自治体指定のゴミ袋に入るサイズまで解体してしまえば、通常のゴミとして出せる場合があります。

費用は通常のゴミと同等に

解体した場合の処分費用は、通常のゴミ袋のコストと同等になります。自治体により処分費用や1つのゴミ袋で処分できる容量は異なります。有料の自治体では、指定のゴミ袋を購入する際に、費用がかかるケースが多いです。

解体後のマットレスの容量が大きく、多くのゴミ袋を必要とする場合は、それだけ費用がかかります。それでも数百円〜千円程度で済むでしょう。

一般ゴミに出すメリット・注意点

メリットは、コストをかけずに処分スケジュールを柔軟に調整できる点です。一般ゴミのルールの中で処分するため、よほど大量のゴミ袋を必要としない限りは粗大ゴミよりも低コストで処分できるでしょう。

また、多くの自治体では一般ゴミは週1〜2回は回収しています。先の日付で事前予約が必要な粗大ゴミと比べると柔軟に処分のスケジュールを決められるのもメリットです。

一方で、解体作業が負担となる点には注意が必要です。外目には柔らかい布でできてるようでも、枠組みやスプリングに金属が使用されている製品も少なくありません。金属の切断は専用の工具が必要ですし、工作・日曜大工に慣れていないと作業も大変です。不慣れなまま作業をすれば、ケガ・事故のリスクもあります。

また、自治体によっては、解体しても粗大ゴミで処分しなければなりません。たとえば、東京都新宿区では元々が大きなサイズのゴミは「解体しても粗大ゴミに出してください」と明記されています。解体作業に入る前に、自治体のゴミのルールを確認しましょう。

メルカリなどのフリマアプリやオークションサイトに出品する

メルカリやヤフーオークションなどのフリマアプリ・オークションサイトに出品する方法もあります。もし買い手がつけば現金収入を得られます。うまくいけばリサイクルショップ・買取業者を利用するよりも高価買取が可能です。

フリマアプリ・オークションサイトの出品事例

たとえば、メルカリでは以下のような製品が出品されていました。(2024年1月時点)

  • 新品◆エアーベッドYangsee シングル|8,680円
  • 西川マットレス シングル SUYARA|25,000円
  • koala コアラマットレス セミダブル|35,000円

買取可否は買い手がつくかどうか次第ですが、出品価格を見るかぎりは、高値で売却できるチャンスもありそうです。

フリマアプリ・オークションサイトのメリット・注意点

メリットは、高価で買い取ってもらえるチャンスがあることです。フリマアプリやオークションサイトは、買い手がつきさえすれば、自分が希望する価格で買い取ってもらえます。

タイミングよく買い手が見つかれば、リサイクルショップや買取業者では買取不可となった製品でも処分できる可能性があるでしょう。また、処分を急がないのであれば、買い手がつくまで粘り強く待てるのも特徴です。

裏を返せば、買い手がつかないかぎり処分が完了しません。処分を急ぐ方にとっては適さない処分方法です。また、梱包や運搬の手配を自分で対応しなければなりません。

大きなベッドマットレスを自力で配送するのは現実的ではないので、費用をかけて運送業者などに依頼する必要があります。せっかく買い手がついても、配送費用がかかって手元に現金が残らないというケースも考えられます。配送コストを加味して適切な価格を設定しましょう。

スプリング入りマットレスとウレタンマットレスの処分方法の違い

ベッドマットレスには、主に「スプリング入りマットレス」と「ウレタンマットレス」の2種類があります。それぞれに適した処分方法についてまとめました。

スプリング入りマットレス

スプリング入りマットレスの場合は、自治体で処分を断られることが多いです。中にあるスプリングを取り出して分類しなければならず、手間がかかるからです。なお、スプリング入りでも受け入れしている自治体はありますが、ウレタン製マットレスよりも費用が高額となります。

自力で解体する場合も、スプリングの解体が難しいケースが多いです。金属を切断する工具がない家庭では、無理に解体を試みない方がよいでしょう。

スプリング入りマットレスの粗大ゴミ回収に対応していない自治体は、解体してもNGとなるケースが多いです。解体して一般ゴミに出す予定の方も、必ず自治体に処分可否を確認しましょう。

買取が難しい場合、スプリング入りマットレスは、買い替えであれば家具店の引き取りサービスを利用するのがよいでしょう。もしくは、不用品処分業者であれば回収を受け付けているケースが多いです。

スプリング入りマットレスであることを、依頼するときにあらかじめ伝えましょう。なお、パワーセラーはスプリング入りマットレスの処分も可能なので、気軽にご相談ください。

ウレタン製マットレス

ウレタン製ベッドマットの場合、カッターやハサミなどで小さく解体することができます。小さく分解できれば、可燃ごみとして処分することも可能です。一定の負担がかかるうえ、解体のためのスペースも必要となる点には留意しましょう。

ウレタン製であれば、粗大ゴミとして処分できる自治体も多いと考えられます。ただし、マットレスの処分自体を受け付けていない自治体もあるので、必ず事前に確認してください。

不用品回収業者については、多くの業者がウレタン製であれば回収を受け付けています。速やかに処分したい場合、複数の不用品を処分したい場合などには、不用品回収業者を利用しましょう。

>>当社の不用品回収料金はこちら!<<

関連記事

  • 関連記事はまだありません。

新着記事