ベッドの処分におすすめの方法8選!気になる費用と捨て方も紹介!​

ベッドはサイズが大きく重さもあるため、処分方法に悩む方は多いのではないでしょうか?

「どこで処分できるの?」「一番簡単に処分する方法は?」「費用はどれくらい?」など、気になって、なかなか処分できずにいるなんてことも。

そこでこの記事では、ベッドの処分方法8つをご紹介します!一番おすすめの方法や気になる費用、捨て方も解説しているのでぜひ参考にしてください。

ベッドの処分方法8選

ベッドを処分する方法には、大きく分けて8つの手段がありますが、中でもおすすめは「不用品回収業者に依頼する」ことです!

とはいえ、それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、自分にあった処分のやり方を見つけるためにも、各処分方法についての特徴や費用などを確認していきましょう。

ベッドの処分方法①:粗大ごみとして自治体で回収してもらう

ベッドの処分方法の中でも比較的安く済むのが、各自治体の指定場所に持っていき、粗大ごみとして回収してもらう方法です。

自治体によって違いはありますが、一般的にはベビーベッドなどの小さいサイズなら500円前後、大きいサイズでも1,000円〜3,000円程度で処分できます。

ただし、申し込みから回収までに1週間〜1ヶ月ほどかかるので、場合によっては引越しに間に合わないことも。さらに、指定の場所までベッドを運ぶ必要があり、かなりの手間がかかるでしょう。

自治体でベッドを回収処分する手順

1.粗大ごみ処分の受付予約を、各自治体の電話やインターネットから行う
2.「粗大ごみシール」をスーパーやコンビニで購入しベッドに貼り付ける
3.回収日時までに指定の場所へ、ベッドを持って行く

自治体の中には、部屋までベッドを取りにきてくれるところもあるようですが、基本的には指定の日時に指定の場所に持っていき、回収してもらうケースがほとんどです。

ベッドの処分方法②:粗大ごみとして自治体に持ち込む

自治体で処分する方法として、自分で市区町村のクリーンセンター(清掃センター)へ持ち込む方法もあります。ただし、ベッド運搬用の車を用意しなければならないので、あまり現実的な方法とはいえないでしょう。

自治体にベッドを持ち込んで処分する手順

1.粗大ごみ処分の受付予約を、各自治体の電話やインターネットから行う
 (自治体によっては事前予約なしで持っていってOKのところもあり)
2.「粗大ごみシール」をスーパーやコンビニで購入しベッドに貼り付ける
3.クリーンセンターに自分でベッドを持って行く

なお、自治体によっては、持ち込みを受け付けていないところもあります。自分の住んでいる自治体のホームページをしっかりと確認してから処分の手続きを行いましょう。

ベッドの処分方法③:解体して家庭ごみとして処分する

ベッドを自分で解体して、家庭ごみとして出せば無料で処分することができます。自治体によってルールは異なりますが、一般的には「一片の長さが30㎝以内で、ごみ袋に入る大きさのもの」であれば家庭ごみと出せることがほとんどでしょう。

しかし、家庭ごみとして出せるサイズにするためには、木材やスチールなどのベッドフレームを自分で細かく分解・大きさによっては切断しなければなりません。ノコギリなどの道具も必要になりますし、かなりの労力と手間が必要です。また、解体作業に慣れていない場合は怪我をするおそれもあるので、あまりおすすめできる方法とはいえないでしょう。

ちなみに自治体の中には、ベッドなどの大きな不用品は、解体しても家庭ごみとして捨てることができないケースがあります。せっかく解体したのに結局粗大ゴミとして捨てることになる…なんてことにならないよう、事前に確認しておきましょう。

ベッドの処分方法④:引っ越し業者に引き取ってもらう

引越しのタイミングでベッドを処分する場合に限りますが、引っ越し業者にそのまま引き取ってもらう方法もあります。

無料で回収してくれるケースもあれば、ベッドの状態によっては回収不可や追加料金がかかる場合もあるでしょう。

また、全ての引越し業者が引き取りサービスを実施しているわけではないので、確実に処分したい方は別の方法がおすすめです。

ベッドの処分方法⑤:買い替えのお店に引き取ってもらう

ベッドを新しく買い替えるのであれば、いまあるベッドを家具販売店に引き取ってもらうという方法もあります。

ただし、引き取ってもらうには「新しく購入する」以外にも条件が設定されていることがほとんどでしょう。

主な家具引き取りサービスの例

・20万円以上のベッド購入で無料引き取り!
・配送料はお客様負担で引き取りします!
・ベッド購入1台につき5000円で引き取ります!

ベッドの引取料金は店舗によって大きく異なりますが、最安値で「無料」、相場で「3,000円〜5,000円」くらいです。配送する距離によって価格が変動するところもあります。

あとから請求されないためにも、事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

ベッドの処分方法⑥:リサイクルショップで買い取ってもらう

「状態が良い・ブランド品である・使用期間が短い」といった条件が揃っていれば、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。

とはいえ、ほとんどのリサイクルショップでは、買取不可であることが多いでしょう。その理由は、展示スペースを独占するうえ、売れるまでに時間がかかるからです。

ただ、海外ルートが確保できているようなショップであれば買い取ってもらえる可能性もありますが、基本的には断られると思っておいた方が良いでしょう。

また、ベッド買取可能なリサイクルショップを見つけたとしても、出張買取はNGという場合がほとんどなので、自分で運搬する必要があります。

引取可能なショップを探す手間や運搬する労力を考えると、リサイクルショップでも引き取りはあまり現実的な処分方法とは言えません。

ベッドの処分方法⑦:オークションサイトやフリマアプリで売却

不要となったベッドをオークションやフリマアプリに出品するのも、処分する一つの方法です。

自分で売却価格を設定できるので、上手くいけば高く売れる可能性も。ただし、売れるベッドには次のような条件が必要となるでしょう。

  • 有名メーカー(テンピュール、シモンズ、日本ベッドetc)
  • 傷やシミが少ない
  • 使用期間が短い
  • 美品に近い
  • マットレスがぶ厚く高級

上記以外だと需要がないため売れ残ってしまい、いつまでも処分できずに自宅保管することに。

また、ネットオークションやフリマアプリで一番ネックとなるのが配送です。ベッドは大型家具なので、配送するだけでもかなり大変。おまけに送料も高いので、売れたとしても「思ったより利益が出なかった」というケースが多いのです。

なお、ヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」なら、電話一本で取りに来てくれ、さらに梱包なしでベッドを配送してくれるので手間がかからずおすすめです。ただし、費用は通常配送よりも高く、シングルベッドで17000円〜、ダブルベッドで24000円程度もかかるので注意が必要です。

フリマアプリなら無料で譲る方が売れやすい

ジモティなどのサイトで「無料で譲ります」というように出品すると、ワゴン車やバンを持っている人が取りに来てくれる可能性が高く、無駄な送料が省けます。

また、オークションサイトでベッドを探す人は少なく、ジモティなど無料で譲ってもらえるサイトを見ている人の方が多いのも事実。

ただし、確実に引き取ってくれる人が見つかるというわけではないので、急ぎで処分したい人、確実に処分したい人は、次で紹介する「不用品回収業者」を利用すると良いでしょう。

ベッドの処分方法⑧:不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に処分を依頼する

ベッドの処分で一番おすすめなのが、不用品回収業者に依頼する方法です。

どんな状態のベッドでも必ず引き取ってくれて、自分でベッドを解体・運搬する必要もありません。

電話で問い合わせれば、業者によっては最短即日で引き取りにきてもらえるところも!回収から運搬すべてを業者に任せられるので、重たいベッドの運搬に自信がない方でも安心して利用できるでしょう。

唯一のネックは費用ですが、これは店舗によって異なります。引取依頼をする前にしっかりと確認しておきましょう。

また、お店によってはあとから回収費用に上乗せする形で出張費を請求されるケースもあります。慌てないためには、依頼の際に「最終的な価格はいくらですか?」と確認しておくことがポイントです。

ベッドを処分してもらうときの適正費用

不用品回収業者に依頼したときのベッド種類別の費用相場をまとめました。業者探しの際の参考にしてください。

金属のパイプベッドの枠だけ4,000~5,000円
ベッドの木枠のみ4,000~6,000円
すのこベッド4,000~6,000円
折りたたみベッド4,000~6,000円
シングルベッド木枠とマットレス7,000~10,000円
セミダブルベッド木枠とマットレス7,000~10,000円
ダブルベッド木枠とマットレス10,000~15,000円
脚付きマットレス8,000~10,000円

良い不用品回収業者の見分け方

不用品回収業者に依頼する際は、業者選びが重要です。悪質な業者に引っかかってしまうと、不明瞭な追加金額や高額請求をされる可能性も!

また、回収した不用品が不法投棄されて、知らず知らずのうちに自分が出した不用品で環境を汚染していた…なんてこともあるかもしれません。

そのようなことに巻き込まれないよう、業者に依頼する際は、安心できる業者かどうかを確認しておきましょう。

優良な不用品回収業者の特徴

・一般廃棄物収集運搬業許可をもつ業者である
・無料で見積もりを取ってくれる
・料金システムがわかりやすく明確である
・相場より安すぎない・高すぎない金額で設定されている
・買取サービスも並行して行っている

このほかにも、インターネットでの口コミや評判を検索してみるのも良いでしょう。また、業者のホームページに「過去の取引事例」があるかどうかも要チェックです。

口コミや事例をみることで、実際にかかった費用がわかるだけでなく、どんなスタッフ対応であったか、アフターフォローは充実しているのかなどが見えてくるはずです。

ベッドの処分でよくある質問

最後に、実際にベッドを処分する際によくある質問を紹介します。処分方法を決める前に、確認して、自分にあった処分のやり方を見つけるのにお役立てください。

スプリングマットレスはどう処分すればいいの?

スプリング入りマットレスは解体に手間がかかるため、自治体やリサイクルショップによっては引き取りを拒否されるケースがあります。

引き取り可能であっても高額な処分費用がかかるうえ、自分で指定の場所まで運搬する必要があるので、かなりの手間がかかるでしょう。

なるべく費用を抑えたいのであれば、以下のような方法で処分することも可能です。

1.スプリングマットレスのカバーをカッターで剥く
2.鉄のスプリングを鉄くず屋さんに売りに行く
3.カバーは燃えるごみで捨てる

ただし、スプリングを運ぶトラックが必要となるため、あまり現実的な方法とはいえないでしょう。また、20分程度で外れるスプリングもありますが、すぐに外せないほど絡みついているマットレスも多いため、慣れない人が行うと怪我する恐れもあるので注意が必要です。

ちなみに不用品回収業者では、スプリングマットレスとベッドそれぞれに処分費用がかかりますが、部屋の中から運び出してくれるので手間と労力がかかりません。

ベッドを処分する際はそのままでもいいの?

ベッドを処分する際は、サイズによりますが基本的には分解する必要があります。

とくにマンションやアパートの場合は玄関から出ない、エレベーターに乗らないなどの不都合が起きやすいので、そのままの状態で処分するのは難しいでしょう。

そのような場合は、不要回収業者に依頼することがおすすめです。専任のプロが壁や床などを傷つけないよう配慮して解体から運搬まで行なってくれます。

ベッドの処分ならパワーセラーにお任せください!

ベッドの処分ならパワーセラーにお任せください!

ベッドを処分する方法として、本記事では以下8つの方法を紹介しました。

1.自治体に粗大ごみとして回収してもらう
2.自治体に粗大ごみとして持ち込む
3.解体して家庭ごみとして処分する
4.引越し業者に引き取ってもらう
5.ベッド買い替えのお店で引き取ってもらう
6.リサイクルショップで買い取ってもらう
7.オークションやフリマサイトで売る
8.不用品回収業者に依頼する

一番のおすすめは、手間と労力が省けて、最短当日には回収できる「不用品業者へ依頼する」方法です!

私たちパワーセラーは、東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に不用品回収を行なっております。ベッドやスプリングマットレスの回収はもちろん、ご要望に応じて出張買取もお任せください!

回収・買取どちらも最短即日の引取も可能ですので、お急ぎの方も安心してご利用いただけます。

また、回収においては低価格を心がけており、当社の料金表は全て出張費や消費税込みの価格です。お見積もりは完全無料となりますので、お気軽にご相談ください!

▼ベッド回収に関するお問い合わせ
お電話:0120-85-2060
無料お見積もりはこちらから

▼ベッド買取に関するお問い合わせ
お電話:0120-37-2060
無料査定はこちらから

関連記事

新着記事