介護ベッドの処分におすすめの方法4つを伝授します|パワーセラー

不用品回収Q&A

介護ベッドの処分におすすめの方法4つを伝授します

不要となった介護ベッドの処分でお困りの方は非常に多いと思います。

介護ベッドは普通のベッドよりもサイズが大きいですし、電動式だと100kg以上の重さがあるものも。動かすだけでも重労働ですから、その処分は一筋縄にはいきませんよね。

おすすめは、廃品回収業者に依頼する方法です。自分で運搬する必要がないので便利ですし、他の方法よりも格安で済みます。

ここでは介護ベッドの処分方法や費用について紹介します。処分方法でお困りの方はぜひ参考にしてください。

介護ベッドを自分で処分する方法3つ

◯方法1:ごみ処理センターへ持ち込む、または自治体に回収依頼する

介護ベッド画像1

介護ベッドを自治体のごみ処理センターへ持ち込んで処理する方法があります。営業時間内に車で運搬していき、指定料金を支払うことで処分することができます。

しかし、介護ベッドの運び出しは大人の男性2〜3人でも重労働です。分解をしようにも重さがあるために難しいでしょう。

持ち運びが無理ならば、自治体に回収依頼する方法もあります。ですがこちらも、「持ち運びやすいように解体してあること」「玄関前など持ち運びやすい場所に置いてあること」が条件のところが多いです。さらに、マットレスは対象外のところや、そもそも運搬が大変なので断られてしまうところもあります。

◯方法2:ヤフオクまたはメルカリにて出品

ヤフオクやメルカリといった、インターネットオークションやフリマアプリを利用して売る方法もあります。

ただし介護ベッドの場合、介護保険を利用すれば10%自己負担で新品のベッドを購入できます。そのため中古品はあまり売れにくいです。

パラマウント製介護ベッドであれば、使用して5年以内の美品や格安価格であれば落札される可能性はあります。
一方で、使用してから15年以上経過している・見た目がよくないものだとあまり人気がないため売れないでしょう。

ちなみに発送する場合は、ヤマト便の「らくらく家財便」が便利です。配達員2名が取りに来てくれて、しかも梱包も不要なのでとても便利です。

◯方法3:リサイクル業者に買取依頼

リサイクル業者に連絡して、直接買い取ってもらう方法もあります。

ですが介護ベッドはサイズが大きくてスペースを取りますし、すぐに売れるものではないのであまり積極的には買い取ってくれません。連絡をしても断られてしまうケースが多いでしょう。

このように、介護ベッドをご家庭内で処分しようと思うと、サイズが大きく重さがあるために大変困難です。そこでおすすめの方法が、廃品回収業者へ依頼する方法です。

介護ベッドの処分は廃品回収業者に依頼しよう

介護ベッド画像2

廃品回収業者に依頼すれば、介護ベッドを解体したり運搬する手間を省くことができます。

業者の担当者はこうしたサイズの大きくて持ち運びが大変な品物も専門にしているので、介護ベッドの運搬や解体などにも慣れています。全て業者がやってくれますので、たとえ重いものの運搬に自信のない方でも安心です。

「業者に依頼すると費用が高いのでは?」と心配される方がいますが、回収相場はおよそ「15,000円〜20,000円」です。運搬や解体を業者が代行してくれて2万円以内なら、お得な料金ではないでしょうか?

介護ベッドの処分・回収のご相談はパワーセラーまで

介護ベッドの処分にお困りなら、廃品回収業者であるパワーセラーまでお問い合わせください。関東圏のお客様(東京・神奈川・千葉・埼玉の対応エリア)で、時間や都合が合えば当日訪問が可能です!

スタッフ1名で15,000円・2名なら21,000円(税込)ほどです。お電話いただければ無料でお見積り致しますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

>>東京・埼玉・千葉・埼玉エリアの介護ベッドを出張回収致します!<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A