ベッドマットレスの処分方法

不用品回収Q&A

ベッドマットレスの処分に困ってます。良い処分方法はありますか?

寝苦しい夜にも、快眠を促してくれるマットレス。このベッドマットレスで使わなくなったものが出た場合には、どのように処分したらいいのでしょうか?この大きくて処分に困るマットレスの処分方法について、紹介しますので参考にしてみてください。

ベッドマットレスを処分するには、地域のゴミ区分としては一般的に「粗大ごみ」として区分されます。そのため、地域ごとの処分料金を確認して「粗大ごみ」のシールを貼って捨てるのが良いでしょう。だいたい1,000円~1,500円程度の処分費はかかります。

ただ、スプリングが入っていない、ふわふわとしがマットレス中身は燃やせる素材である場合が多いので、中のスポンジを小さく切って「可燃ゴミ」として処理するのも一つの手です。ただし量が大量になるので、一度にゴミ置き場に捨てるのは難しいでしょう。そのため、一般ごみとして捨てるなら、お金を払うか、労力を払うかして処分するといいでしょう。

シモンズのようなブランドで20万円以上するようなベッドでもない限り、ベッドをリサイクルショップに売るのはほぼ無理と考えたほうがおいでしょう。それでも売るのであれば、スプリング入りのマットレスの場合は、スプリングを抜いて鉄くず屋さんに売って処分して、周りの布やスポンジは「可燃ゴミ」として処理するといった方法があります。この方法は、市町村のゴミ処理場でも、産業廃棄物の処理場でも、廃棄業者でも、一般的に行われています。ただし、一般家庭でこの方法を行うのは、現実的ではありません。なぜなら中身のスプリングをむき出しにするまでに、10分程度ではがせるスプリングマットレスもあれば、なかなかはがせずに40分ぐらいかかってしまうマットレスもあります。はがした後のスプリングも大きなものですので、トラックがなければ運ぶこともできません。

新しくお店でマットレスを購入する際には、古いベッドマットレスを処分してくれる場合もあります。そのため、店員さんに古いものを処分してくれるように依頼してみるといいでしょう。もしかすると、他の方法に比べて安めに引き取ってくれる可能性があります。

このようにベッドマットレスを処分するには粗大ごみとして捨てる方法のほか、ネットオークションで販売したり、販売店にて引き取ってもらう方法があります。そのため、自分に合った処分方法を選んで捨てるといいかもしれませんね。

>>当社のベッドマットレスの回収料金はこちら<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A