学習机の処分方法4選!その特徴や費用を詳しく解説します

学習机1

お子さんが進学・就職などで大きくなるにつれて、学習机を買い替えたり処分したりする機会が多くなることでしょう。

学習机はかなりの重量があり、サイズも大きいために持ち運びするのは大変です。また処分費用も方法によって異なってきます。

「学習机を手軽に安く処分できる方法はないかな…?」

今回はそんなお悩みのあなたに向けて、学習机の処分方法をご紹介していきます。

これを読めば、最適な学習机の処分方法が分かりますよ。ぜひ参考にしてください。

学習机の処分方法4つ

学習机の主な処分方法は4つあります。

・ゴミ回収センターへの持ち込み

・ネットオークションまたはフリマに出品

・リサイクル業者に買取してもらう

・廃品回収業者へ依頼

以下、詳しく見ていきましょう。

◯方法1:ゴミ回収センターへ持ち込む

  • メリット:安い費用で済む
  • デメリット:手間がかかる

費用:1,000円~(各自治体規定の料金)

自治体の制度に従って、学習机をゴミとして処分する方法があります。学習机のような大きなゴミは粗大ゴミとして出す方法もありますが、自動車などを持っていて机を持ち運べるなら、自分でゴミ回収センターへ持ち込むのも一案です。市区町村のゴミ回収センターへ持ち込む方法なら、指定の日にしか出せない粗大ごみよりも早めに処分できる場合も少なくありません。

ただし、都市部を中心に、たとえ持ち込みでもあらかじめ日時の指定が必要で、処分までに日数がかかる場合もあるので注意しましょう。

費用については自治体により、また机のサイズにより異なるため、具体的な費用はそれぞれの自治体に確認しましょう。ただし、たとえば港区では以下のように、回収してもらう粗大ゴミと比べて低コストで済むケースがしばしばみられます。

粗大ゴミ回収の費用持ち込みの場合の費用
400円無料
900円400円
1300円600円
参考:https://www.city.minato.tokyo.jp/unei/sodaigomiukeire.html

持ち込みの場合ネックとなるのは、指定の場所までの運搬が大変な点です。学習机はそのままだとサイズも大きくて重量もありますから、解体が必要な場合もあります。

さらに運搬するための大きな車の用意・車への積み込み・ゴミ回収センターでの積み下ろし作業などがありますから、多くの手間と時間がかかるのがネックです。

◯方法2:ネットオークションやフリマに出品する

  • メリット:多少のお金になる
  • デメリット:落札されないと処分できない

費用:落札手数料・送料など。落札金額が大きければ利益に。

ヤフオクまたはメルカリといった、インターネットオークションやフリマに出品して処分する方法もあります。これらの方法では自分で値付けをして買い手を募ることができるため、買い手が現れれば高値で売却できるチャンスがあります。たとえば、次の様な学習机であれば、高値で売れるチャンスが高まるでしょう。

  • 傷や汚れがほとんど目立たない
  • 新しく使い古した様子がない
  • ブランド物や高級品である

ネットオークションやフリマアプリであれば、ネットを通じて多くのユーザーが商品を閲覧するため、買い手が現れるチャンスも大きいといえます。

しかし落札されなければ、いつまでも手元に残ります。よほどの美品または人気のあるものでなければ難しいでしょう。上手くいけば多額なお金も入りますが、利益はあまり期待できません。なぜなら学習机は、高い値段で売れないからです。せいぜい数千円程度ですから、梱包したり発送する手間を考えると赤字でしょう。

ちなみに発送するときは、ヤマト便の「らくらく家財便」を利用すると良いでしょう。梱包不要でしかも配達員2名が取りに来てくれるので、労力削減となります。ただし、配送サービスを利用するとその分配送や梱包に費用がかかります。配送などにかかるコストも加味して、収支がマイナスにならないように値付けをしましょう。

また、フリマアプリやネットオークションは個人間で売買を行うため、トラブルに注意が必要です。学習机の写真や説明文が的確に実物の状況を表しておらず、後で購入者から苦情が寄せられるリスクもあります。情報を掲載する際には虚偽や誇大な表現などがないように、充分に留意してください。

◯方法3:リサイクル業者に売る

  • メリット:多少のお金になる
  • デメリット:運搬が大変

費用:なし。高値が付けば現金収入が得られる

学習机を買い取ってくれるリサイクル業者に依頼する方法もあります。

しかしリサイクル業者は積極的に買い取ってくれません。大きいサイズでスペースが取られますし中古品はあまり人気がないためです。人気色で未使用品に近いものなら少しはニーズがあるかもしれませんが。

ただし、問い合わせるだけならコストはかからないので、念のため感触を聞いてみるのもよいでしょう。新しいデザインならパワーセラーでもニトリの学習机の買取や引き取りが可能な場合もございます。使用状態が良く傷や汚れがないもの、ブランド品・高級品などであれば値段が付くケースも少なくありません。

店舗買取型のリサイクルショップ・買取業者を利用する場合は、運搬の手間がかかるのがネックです。店舗まで運んだ結果値が付かなければ二度手間になるので、あらかじめ電話などで感触を確認しておくのも一案といえます。

また、値段が付く可能性は更に低くなるものの、運搬の手間を省くなら出張買取業者を利用するのも有効です。たとえ買取価格が数百円程度となっても、処分する場合はむしろコストが発生することを考えれば、出張業者に依頼するのも一つの方法でしょう。

また、パワーセラーであれば買取できない場合には、不要品として回収することも可能です。値が付かないときに改めて処分業者や粗大ゴミに依頼する手間が省けるので便利といえます。

◯方法4:廃品回収業者に依頼する

  • メリット:労力や手間が少なく済む
  • デメリット:業者を探さないといけない、費用が高い

費用:8,000〜15,000円

廃品回収業者に依頼する方法は、もっとも簡単でおすすめです。業者の担当が自宅まで回収しにきてくれますし、たとえ汚れていても壊れていても、どんな状態でも引き取ってくれます。費用はかかってしまいますが、その分業者が運搬してくれるので楽ちんです。

また、民間の業者の方が、自治体の粗大ゴミや持ち込み制度と比べて、日時を柔軟に指定できるケースも少なくありません。引っ越しを控えているなど期限が明確な場合にも、自分のスケジュールに合わせて机を処分できます。

留意すべきポイントとしては、自分で業者を探さなければならないことです。もちろんパワーセラーは信頼のおける買取・処分業者と自負していますが、中には悪徳業者や質の低い業者もあります。トラブルにならないように注意深く業者を探しましょう。

また、今回紹介した方法の中では相対的に費用が高いのも留意点です。運搬の必要がない、柔軟なスケジュールで確実に処分してもらえることなどに対する対価と捉えて、余裕を持った資金を用意して利用してください。

学習机を処分するときの注意点

学習机を処分するときの注意点を3つにまとめました。注意点をおさえておいて、スムーズに処分を進めましょう。

無料回収を謳う回収業者に注意

不用品回収業者を利用する場合は、無料回収を謳う業者に注意しましょう。正当に不用品回収を事業として行う場合、パワーセラーのように一定の費用がかかります。徴収した費用は事業の運営費や運搬・処分のための費用に充てられます。正当な業務として営んでいるのに無料でサービスを行うのは容易はありません。

無料としている業者の中には、いざ利用するとリサイクル料などの名目で結局高額な費用を徴収されたり、実は不法投棄していたりといったケースもみられます。不要回収業者を選ぶときには、信頼の置ける業者を注意深く選びましょう。

粗大ゴミのルールを自治体によく確認する

粗大ゴミで処分する場合には、自治体のルールをよく確認して手続きを進めましょう。時にしばしばみられるのは、材質が原因で自分の学習机は粗大ゴミに出せないケースです。自治体によっては学習机=木製の想定でルール付けしている場合があり、スチール製やアルミ製の机は、処分対象外となるケースも少なくありません。

特に処分場に持ち込んだ結果、現地で断られた場合は二度手間になってしまうので注意しましょう。自治体に問い合わせる時には、材質も含めて学習机の処分ルールを確認してください。

余裕を持った日程で処分を進める

学習机のような大きな不要品は、即日で処分するのは容易ではありません。処分方法によって数日~数週間はかかると見ておく必要があります。

特に引っ越しに際して処分する場合などは、処分の期限が決まっているので、期限に間に合うように処分の手続きを進めなければなりません。不要な学習机が発生したら、早めに処分方法を決めて手続きを進めましょう。

学習机を処分するなら廃品回収業者がおすすめ

学習机画像1

上記4つの方法を紹介しましたが、一番のおすすめは「廃品回収業者に依頼」する方法です。

・たとえ力仕事に不安があっても大丈夫

運搬から回収まではすべて業者の人がやってくれますから、体力に自信がないもしくは運搬できる人が少ない場合でも大丈夫です。

・すぐに回収しにきてくれる

業者に依頼すれば、混雑している時期以外ならすぐに回収しにきてくれます。

「邪魔だからすぐに処分したい」というときにも、すぐに処分でできますよ。

・業者選びに迷ったら…

リサイクル業者はいろいろとありますから、どの業者を選べばいいのか迷ってしまうことでしょう。

関東圏(東京・千葉・神奈川・埼玉)の廃品回収業者をお探しながら、ぜひ当社パワーセラーにお任せください!

関東圏の対応エリアのお客様は、即日回収させていただきます。なるべく費用も低価格にてお受けさせていただきます。

費用は6,000〜10,000円より。回収する台数や地域によって価格は異なりますので、お電話くだされば無料お見積り致します!

学習机の処分・回収はパワーセラーにお任せください

>>東京・埼玉・神奈川・千葉エリアの学習机回収なら最短即日です!<<

関連記事

新着記事