畳はどのように処分したらいい?主な方法をご紹介します

不用品回収Q&A

畳はどのように処分したらいい?主な方法をご紹介します

畳はどのように処分すればいいのか、分かりにくいものですよね。自治体のゴミとして出せるケースもありますが、全ての自治体で受付可能なわけではありません。ではその場合、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、畳の処分方法について、詳しく解説していきます。お困りの方はぜひ参考にしてください。

畳は自治体で処分可能な場合もある

畳畳は、自治体によっては「粗大ごみ」として出せるところがあります。全ての自治体で捨てられるわけではないので、事前によく確認しておきましょう!

自治体によっては、粗大ごみに出す条件が指定されていることもあります。

【畳処分の自治体例】
◯神奈川県相模原市の場合
畳を1/3以下に切断してクリーンセンターへ持ち込みをすれば処分可能。
◯埼玉県北本市の場合
「1日に8枚まで」と数量を指定。


粗大ごみは不可でも、バラバラにして可燃ごみに出す、またはクリーンセンターへ持ち込む方法が許可されている自治体もあります。可燃ごみやクリーンセンターへの持ち込みなら、粗大ごみに出すよりも費用は安くなります。

しかし、畳をバラバラに解体する必要があり、労力と手間がかかります。電動ノコギリやハンマーといった工具も必要となり、作業も危険が伴うため、あまりおすすめはできません。

畳処分を受付している業者に依頼する

自治体で畳の処分を受け付けていない場合は、業者に依頼して処分してもらいましょう。

たとえば畳専門店では、新しく畳を張り替える際に、有料または無料で引き取ってくれます。畳を張り替える際には非常に便利ですね。ただし、古い畳の回収のみを受付していない店舗が多いので注意が必要です。

不用品回収業者なら、どんな畳でも回収してもらえます。古いもの・傷んだもの・腐敗したものでもOK。自宅まで出張回収してくれるので、運搬する手間も省けて便利です。
費用はかかりますが、手間を省いて簡単に畳を処分したい人にはおすすめの方法ですよ。

なお、畳の処分費用については以下をご覧ください!
>>畳の処分費用についてはこちら<<



当社パワーセラーでも、畳の回収処分を承り中です。東京・神奈川・千葉・埼玉の対象エリアまで出張致します。ご連絡いただければ、即日回収も可能です!
お電話いただければ、無料でお見積りも致します。お気軽にお問い合わせください。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A