処分に困る足踏みミシンの最適な処分方法や費用について解説!

不用品回収Q&A

処分に困る足踏みミシンの最適な処分方法や費用について解説!

「電動ミシンに乗り換えたから、足踏みミシンを処分したい」

「動かなくなった足踏みミシンをどう処分すればいいのか分からない」


このように、もう不要となった足踏みミシンの処分でお困りの方はいませんか?
足踏みミシンは電動ミシンとは違って大きくて重さがあるため、処分しようとしてもなかなか大変なものです。運搬から解体までを一人で行おうとすると、かなりの重労働となるでしょう。

ここでは、足踏みミシンの処分方法や費用について解説していきます。お困りの方は、ぜひ参考にしてください。

足踏みミシンを自分で処分する方法3つを紹介します

◯方法1:粗大ごみに出す・クリーンセンターへ持ち込む

足踏みミシン画像1
足踏みミシンはサイズが大きいので、燃えないゴミで捨てることは不可能です。自治体によっては「粗大ごみ」扱いとなるでしょう。

しかし粗大ごみとして捨てるにしても、持ち運びやすいように解体したり、指定の場所まで運搬したりするまでがとても重労働です。

ほかにもクリーンセンターへ持ち込んで処分してもらう方法もあります。ですが、こちらも結局は自分で運搬しなければならないので大変です。

◯方法2:ヤフオクやメルカリで売る

ヤフオクやメルカリに出品して売ることで処分する方法です。しかし落札されなければ、いつまで経っても処分することはできません。

足踏みミシンの場合は、鉄の足が曲線でおしゃれなもの、美品な状態の天板が人気です。これらを加工してアンティークな机を作る人もいるほどです。ほかにも、「本体がかなり古くて希少」「金箔模様のおしゃれなデザイン」「精巧な彫刻が美しい」など、美しく価値のあるものなら落札されるかもしれません。

ですが、足踏みミシンが落札されることはごく稀です。基本は落札されにくいと考えて良いでしょう。
ちなみにもし落札されて配送するときには、ヤマト便の「らくらく家財便」が非常に便利です。足踏みミシンなどの重いものでも、配達員2名が取りに来てくれますし、梱包も必要ありません。

◯方法3:リサイクル業者に売る

リサイクル業者に依頼して処分する方法もありますが、期待するほど高くは売れないですし、遠慮されるケースがほとんどです。

足踏みミシンを発展途上国に販売できるリサイクル業者なら、買い取ってくれる可能性があります。しかしコンテナ送料が高くて利益が少ないため、高く買い取ってくれることは少ないです。

中にはミシン部分だけ外して売っている業者もいますが、結局は手間暇がかかるので遠慮されてしまうケースが多いのです。

足踏みミシンの処分には廃品回収業者がおすすめです

このように、足踏みミシンを自分で処分しようと思っても重くて運搬や解体が大変ですし、どこに持ち込んでも遠慮されてしまうケースがほとんどです。

そんなときのおすすめが、廃品回収業者に依頼する方法です。

廃品回収業者であれば、業者が運搬から処分まで全てやってもらえます。力仕事は一切不要ですから、体力に自信のないかたでも安心して任せることができます。

またリサイクル業者のように断られる心配もありません。動かないもの・アンティーク価値のないもの、どのようなものでも処分してもらえます。

足踏みミシン画像2

足踏みミシンの処分や回収ならパワーセラーにお任せください

足踏みミシンの処分にお困りなら、廃品回収業者のパワーセラーまでお問い合わせください。
関東圏のお客様であれば、当日訪問が可能です。

足踏みミシンの処分費用は、およそ10,000円〜15,000円です。
格安で処分させていただきますので、お気軽にご相談ください。

>>当社の回収料金はこちら!その他の不用品の回収料金も掲載中です<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A