不要なビデオテープの最適な処分方法を解説します

不用品回収Q&A

不要なビデオテープの最適な処分方法を解説します

ビデオテープの処分方法

今や映像記録媒体は「DVD」「Blu-ray Disc」が主流となり、見かけなくなってしまった「ビデオテープ」。ビデオデッキとともに、家の奥深くに眠ったまま…というご家庭も多いのではないでしょうか。ビデオテープの本数が多いほど、その処分に困りますよね。

ここでは、もう不要となったビデオテープの最適な処分方法について、詳しく解説していきます。

ビデオテープをゴミとして捨てる

ビデオテープは、自治体の家庭ごみとして処分出来ます。ただし、地域ごとによって「可燃ゴミ」「不燃ごみ」「プラスチックごみ」「資源ごみ」など区分はさまざまですので、事前に確認しておくことが重要です。

【関東圏のビデオテープのゴミ区分例】
・東京都新宿区:「燃やすゴミ」
・埼玉県朝霧市:「燃やせないゴミ」
・神奈川県海老名市:「その他プラスチック」


ビデオテープの処分方法については、地域の役所に電話したり、ホームページを確認すれば調べられます。

ただし注意点として、個人撮影したビデオテープは「個人情報」に該当する恐れがあります。家庭ごみとして処分する際には、裁断したり分解したりして、再生できないようにしておきましょう。


ビデオテープが大量にある、すぐにでも捨ててしまいたい。そんなときは、クリーンセンターへ持参して処分する方法があります。大量のビデオテープも一度に処分が可能です。ただし運搬するための車が必要となります。

不用品回収業者に依頼する

「大量のビデオテープを誰か処分しに来てほしい…」
「運搬するのが面倒だから、自宅まで回収しに来てほしい」

そんなときは、地域にある不用品回収業者に依頼しましょう。
不用品回収業者なら、自宅まで不用品を回収しに来てくれます。またほとんどの不用品を回収してくれるので、家のお掃除にもピッタリ。手間もかからず簡単に処分できますよ。
費用は業者によって異なります。事前に確認しておきましょう。


当社パワーセラーでも、東京・神奈川・千葉・埼玉の対象エリアのビデオテープを出張回収しております。大量にあるビデオテープやケース、使えないビデオデッキなども回収可能です!
ご連絡いただければ、すぐに対応致します。まずはお気軽にご連絡ください。
>>ビデオテープの回収についてはこちら<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A