灯油の処分方法

不用品回収Q&A

残ってしまった灯油の処分方法はどうしたらいいですか?

冬の寒い季節には暖を取って、部屋中を暖かくしたいものです。そうした時に役に立つのがストーブ。このストーブをご家庭でご利用されている方も多いはずです。ただ、その原料でもある灯油って1シーズン終わったら処分したほう良いんですよ。そこで、新しい灯油に交換するために、古い灯油の捨て方をご紹介しますね。

最もフルサービス、つまりセルフサービスじゃないガソリンスタンドであれば、灯油を処分してくれる場合があります。そのため、近所のガソリンスタンドに問い合わせをしてみるといいでしょう。ただし、ガソリンスタンドでの処分には、「有料の場合」と「無料の場合」があるので、処分が可能かどうかと併せて、費用についても確認してみるといいですね。

ガソリンスタンドなどに持っていくのが大変な場合は、お家で「ストーブを空焚き」することで灯油を使いきることが出来ます。方法はシンプルで、「ストーブに灯油を入れて使う」と言うものです。ただし、暑い季節にやる場合は換気をしながらストーブを焚くのが良いですね。また、シーズンが終わったばかりの灯油なら問題ないのですが、何年も使っていない灯油を利用するのは避けましょう。

灯油をご家庭で使いきることが出来ない場合は、「ご近所住人に分けてあげる」のが良いでしょう。方法は説明するまでもないのですが、注意点としてはまだストーブを使うシーズン、つまり春先であることが大事ですね。そのため、ご自宅で使いきることが出来ないほどの灯油が残ってしまった場合には、ご近所の人にあげるといいでしょう。

灯油を年中使う場所として「整備工場」や「自動車・バイク工場」などがあります。こうした場所に、灯油を持ち込んで利用してもらうのもいいですね。ただし、突然持ってこられても困るだけなので、事前に問い合わせをしておき、灯油をもらってくれるように頼んでおくといいですね。

>>当社でも灯油の処分を行っております!<<


このように灯油を処分する方法はいくつかありますが、一番いい方法は「ガソリンスタンドで処分してもらう」ものですね。もちろん、ご家庭に合った処分方法を見つけて、利用するのが良いですよ。

>>当店へのお持ち込み処分なら、もっとお安く処理できます<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A