中古タイヤの処分方法。不用品の回収業者だといくらぐらいかかるの?

不用品回収Q&A

タイヤの廃棄処分に困っています。古タイヤの廃棄処分方法を教えてください。

タイヤの処分方法

中古のタイヤはどのように廃棄処分するのでしょうか?
『1シーズンだけ履いたスタッドレスタイヤが物置にしまってあるのに、車を買い替えてしまってもう履くことはなくなった』という方は多いと思います。処分方法を探ってみます

クリーンセンターへの持ち込みはできない

市町村ごとのルールにもよりますが、多くの自治体のゴミ処理場では、タイヤなど車のパーツは処分を受け付けてくれません。粗大ゴミのなかでも処理の方法が少し違うのと、家庭からでる一般廃棄物として分類されていません。

ゴムだけのタイヤを買取してもらうのは難しい

古タイヤはゴムの減り具合(何部山か)と年式によって、中古としてリユースできるかどうかが決まります。
80%=8分山ぐらいは残っていないとタイヤとして売れないでしょう。
また、山が残っているタイヤでも古いタイヤはゴムが劣化していくので、10年も前のタイヤは売ることができません。

アルミホイル付きのタイヤは買い取りも可能

中古タイヤ屋さんでもアルミタイヤだと買い取りになる場合があります。そのまま装着して走れるもの、アルミホイルに傷がほとんどないものは、さほど古くなければ買い取ってくれるでしょう。

もしアルミホイルに、縁石にこすったガリ傷がたくさんついていて、とても売り物にならないようなものでも、アルミの資源の価値として買い取ってもらえる場合もあります。

鉄くず業者さんの買取価格が1本6~800円程度ですので、良心的なガソリンスタンドやカーパーツ屋さんに持ち込めば、無料引取りをしてくれるかもしれません。

もちろんご自身でスクラップ屋さんを探して持ち込めば買い取ってくれるでしょう。

自治体のゴミ処理はタイヤを回収しないので、不用品回収業者か産業廃棄物の業者に回収を依頼すると、どのぐらいの料金がかかるのでしょうか?
>>タイヤの処分費用を実際に調べてみました<<



当社においても、東京 埼玉 神奈川 千葉の対象エリアにて、タイヤを出張回収しております。ご不要となったタイヤの処分でお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
>>料金表はこちらから!その他の家電や不用品の回収料金も掲載中<<

また、タイヤの買取も同時に行っております。お電話いただければ無料で査定することも可能です。年中無休で営業しておりますので、どうぞお気軽にどうぞ。
>>タイヤを高価買取!詳しくはこちら<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A