エアコンの処分方法5つと処分時の注意点・費用を解説

これくらいのエアコンだと幾らくらい掛かるのでしょうか。
エアコン

市役所や家電量販店、回収業者さんに聞いてみました。

エアコンの処分における注意点

エアコンは家電リサイクル法対象の商品であるため、通常の不用品のように粗大ゴミに出すことができません。また、取り外しには専門技術が必要なので、業者に依頼したほうが良いでしょう。

エアコンは家電リサイクル法対象なので粗大ゴミで処分できない

エアコンは、家電リサイクル法対象商品の一つであるため、粗大ゴミで処分することができません。家電リサイクル法とは、貴重な部品や製品をできるだけ再利用して、資源を守るための制度で、次の製品が対象となります。

  • 洗濯機・衣類乾燥機
  • テレビ(ブラウン管テレビ、液晶・プラズマテレビ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン

家電リサイクル法対象商品では、リサイクルにかかるコストの一部を消費者が負担する制度となっています。リサイクル料金を徴収するため、通常の粗大ゴミとは異なる方法で処分しなければなりません。

家電リサイクル料金の徴収方法

家電リサイクル料金の徴収方法には、大きく分けて二つあります。

  • 料金販売店回収方式:家電量販店にリサイクル料金を支払う
  • 料金郵便局振込方式:郵便局でリサイクル料金の支払いをしておく

家電量販店などエアコンを販売する業者でリサイクル対応を依頼する場合、量販店にリサイクル料金を支払います。もし家電の買い替えを行うときには、製品の代金と合算して支払えるため、料金支払いの手間が省けます。

自治体が指定する回収業者などに依頼する場合は、前もって郵便局に振り込んでおき、リサイクル券の交付を受けます。エアコン回収当日には、リサイクル券をエアコンに貼り付けておけば回収される仕組みです。

家電リサイクル券の控えを必ず受けとる

家電リサイクル法対象の製品を正しい方法で処分すると、必ず「家電リサイクル券・排出者控」が交付されます。この控えは制度に則って処分したことの証明となるので、必ず保管しておきましょう。

エアコンの取り外しは専門業者に依頼したほうが良い

不用品となるエアコンがまだ取り付けられたままの状態の場合は、無理に自分で取り外さない方がよいでしょう。エアコンは電源のほか、空気を送り込むダクトなどがついていて、取り外しには専門知識が必要です。高いところにあって重いため、素人が作業しようとすると事故やトラブルの原因にもなりかねません。

取り付けられたままのエアコンを処分する場合は、取り外しと回収をセットで専門業者に依頼したほうが安心です。家電量販店に依頼すれば、確実に対応してもらえます。不用品回収業者を利用する場合には、取り外し対応が可能か確認のうえ依頼するのも一案です。

①市役所へ捨て方を聞いてみました

家電リサイクル商品の処分は自治体によって対応が異なりますが、基本的には次の方法での処分を指示されます。

  1. 自治体の指定業者を利用して処分
  2. 家電量販店など小売店での処分

自治体が複数の不用品回収業者などを指定して、家電リサイクル製品の回収を委託している場合があります。こうした業者を利用して処分する場合は「料金郵便局振込方式」の要領で先にリサイクル料金を支払ってチケットを入手しておくのが一般的です。

なお、業者の施設にエアコンを持ち込めばリサイクル料金だけで済みますが、取り外しや自宅からの搬出が必要な場合には、別途料金がかかるのが一般的です。2の家電量販店での処分については、次の見出しで紹介します。

自治体が指定した業者なので、安心して利用できるのが利点です。一方で、次に紹介する家電量販店での処分と比べると、先に郵便局等でリサイクル料金を支払わなければならず、二度手間となります。また、施設への持ち込みの場合、自分でエアコンの取り外し作業をしなければならないのも難点です。

なお、料金について市役所へ聞いてみたところ、エアコンのリサイクル料金は990円とのこと。運搬や取り外しなどの料金は業者によって異なるため、指定業者に問い合わせて確認しておきましょう。

②家電量販店さんへ聞いてみました

家電量販店でエアコンの処分を依頼する場合、リサイクル回収代金とリサイクル運送費が必要なケースが一般的です。

家電量販店では、エアコンの購入時に古いエアコンの取り外し・搬出、新しいエアコンの取り付けまでワンストップで対応してくれるのが魅力です。エアコンの取り外しは重労働ですが、家電量販店に頼めば作業負担を省けます。料金支払いや手続きについても、エアコンの購入時に一気に済ませられるので、他の処分方法と比べると手間がかからないのがメリットです。

一方で、家電量販店のリサイクルサービスは買い替え時に利用すると優遇されるケースが多く、単に処分だけを依頼すると割高な料金となる場合があります。処分するエアコンのメーカーにより、リサイクル料金に大きな差がつく場合がある点にも注意しましょう。

エアコンのリサイクル料金ですが、たとえばヨドバシカメラさんではリサイクル回収代金は990円で、リサイクル運送費が550円なので、合計で税込1540円が処分費用となります。 

ただ、この料金は、商品の到着と同時に引き取ってもらうときの金額です。 以下の場合は別途で、1点につき2750円が必要になるようです。 ・お届け日と回収日が別日になる場合 ・お届け先と回収場所が異なる場合 ・ご注文商品と異なる品目の場合 ・ご注文商品を超える数量の場合 以上から、依頼するときは作業員との打合せを十分行なっておくと安心できると思います。

そのほかの主要な家電量販店の回収料金は以下のとおりです。

家電量販店料金体系合計料金
ビックカメラ再商品化等費用:990円~収集運搬費用:2200円3190円~
ヤマダ電機リサイクル回収料金:990円~収集運搬料:2500円3490円~
ノジマ4070円
エディオンリサイクル料金:990円運搬料金:2200円3190円

いずれも新商品と同時に引き取ってもらう場合の価格

以上のように家電量販店によってエアコンのリサイクル料金には差があります。エアコンを買い替えるときは、古いエアコンの処分費用も考慮したうえで、リーズナブルな家電量販店を利用するようにしましょう。

③町の電気屋さんへ聞いてみました

自治体ごとに対象家電製品収集・運搬協力店が異なり、数も多く存在しています。 運搬料が店ごとに違うので、一度電話で聞いてみる必要があるとのことでした。

町の電気屋さんでも、リサイクル対応だけでなく、古いエアコンの取り外しや搬出まで対応してもらえます。その場合にはリサイクル料金のほかに作業量や運搬費用がかかるのが一般的です。料金体系やサービス内容は各電気屋さんが個別に設定するものなので、自宅の周辺の電気屋に問い合わせてみるのがよいでしょう。

電気屋さんのサービス内容次第ですが、家電量販店のように画一化されてない分、割安な料金で対応してもらえる可能性があります。家電量販店と双方に問い合わせて、安い方を利用するのも一案です。

一方で、買い替えとなると新しいエアコン選びもセットで行う必要がありますが、製品の品ぞろえは家電量販店に及ばず、取り寄せなどで時間がかかる可能性もあります。豊富なラインナップのなかから最速で新しいエアコンを購入したいなら、家電量販店の方が適しているでしょう。

料金については個別の店舗ごとにばらつきがありますが、取り外しや搬出も含めて5000円~10000円程度が一つの目安となります。家電量販店同様に、新製品との交換の場合には割引サービスを受けられる場合もあります。

④自分で外してリサイクルショップなどへ持っていく場合

エアコを無料で引き取ってくれたり、買い取ってくれる業者が存在することをご存知でしょうか。 エアコンがまだ使える状態であれば、リサイクルショップなどで買取ってもらえる可能性があります。また、分解して素材を再利用する問屋が買取や無料引き取りをする場合も少なくありません。

うまくいけば無料で処分できたり、逆に幾ばくかの現金収入が手に入るのがメリットです。国内大手メーカーの製品で状態がよく、使用年数が短ければ高価買取の可能性は高まります。一方で、自分で取り外して店舗や施設まで持ち込まなければならないのが手間となります。

リサイクルショップの場合は状態が悪いと値がつかず、結局別の処分方法を検討せざるを得ない可能性もあるでしょう。なお、ほとんどの処分方法は料金がかかるため、たとえ0円での引き取りでも他の処分方法よりは経済的といえます。値段がつかないときも、0円で引き取ってもらえないか交渉してみるとよいでしょう。

業者にもよりますが、自分で取り外して問屋へ持ち込むと一台あたり5000円前後で買い取ってもらえることがあるようです。 普通なら数千円も費用が掛かるエアコンの処分ですが、自分で取り外して問屋へ持ち込むことで、得をするのであれば、 自分で取り外してみるのも良いのではないでしょうか。

⑤郵便局でリサイクル券を買って、指定場所に持ち込みました。

郵便局でリサイクル券を購入したうえで、自治体が指定する業者へ直接持ち込む方法もあります。多くの自治体では、家電リサイクル法対象の製品の持ち込みが可能な業者を指定しています。自治体のWebサイトを確認して、持ち込み先を探してみてください。

処分業者に持参する場合、運搬料や作業費用がかからず、費用はリサイクル料金だけで済みます。買取や無料引取りのケースを除けばリーズナブルに処分が可能です。

一方で、エアコンの取り外しや運搬を自分で対応しなければならないのが難点といえます。手続きについても、郵便局で事前に料金を支払ったのちに業者に予約を入れて持ち込む必要があり、電気屋さんや家電量販店を利用する場合と比較すると手間がかかります。なお、国内主要メーカーの製品においては、リサイクル料金は990円です。

一般的な処分のプロセスは以下の通りとなります。

  1. リサイクル料金をゆうちょ銀行もしくは、郵便局窓口で支払う
  2. リサイクル券をもらった後、処分品へ貼っておく
  3. 指定取引場所へ持ち込む。たとえば川越市周辺の場合「木下フレンド」「日本通運 川越支店」などが利用可能

エアコンのリサイクル料金は種類やメーカーによる

エアコンの回収・処分に伴うリサイクル料金は、家庭で設置されている壁掛けタイプ・床置きなどのタイプなら、900円(税別)の場合がほとんどです。

メーカーや型式によってリサイクル費用が多少変動しますが、高いものだと2,000円以上になる場合もあります。

エアコン回収を外部に依頼すると他の費用も発生する

エアコンの回収処分にかかる費用は、リサイクル料金だけではありません。出張や取り外しなどのサービスを利用した場合は、それらの料金もかかります。出張運搬費用・取り外し費用と呼ばれます。

上記2つの費用は業者や地域によって大きく異なりますが、合計した料金の相場は6,000〜10,000円(税別)ほどです。

家電リサイクル料金と合計すれば、8,000〜12,000円(税別)ほどになります。

エアコン回収・処分を業者に依頼した際の費用内訳

エアコンの回収の際に発生する主な費用は、以下の通りです。

◯リサイクル費用

相場:約1,500円

◯取り外し費用

相場:5,000〜10,000円

◯外したエアコンを運ぶ運搬費

相場:2,000〜6,000円

リサイクル費用

メーカー・型式・種類によって若干の違いはありますが、家庭で使われている壁掛け・床置きなどのエアコンは1,500円前後です。

取り外し費用

地域や業者によって大きく異なるために確認が必要ですが、5,000円〜10,000円前後が相場と言われています。室外機の取り付け場所が特殊な位置や補修工事が必要になる場合、別途費用が必要です。

エアコン運搬費

エアコンの回収の際に一番分かりにくいのが、運搬費です。地域や業者によって金額設定が大きく異なるため、依頼する前にはしっかりと確認しておくことが重要となります。多くの業者は運ぶ距離によって計算されていますが、相場は約2,000〜6,000円前後です。

業者によっては回収・処分の際の運搬費を取っていないところもあり、申し込み依頼する前にはそれぞれの業者に金額を見積もりしてから依頼すると間違いないかと思います。

エアコンを少ない労力で処分するなら業者に依頼しよう

軽トラック

「エアコンを少しでも安く処分したい」とお考えの方なら、自分で指定業者に持ち込む方法があります。自分でエアコンを取り外して指定の業者に持ち込めば、家電リサイクル料金だけで済みます。

エアコンを取り外すことができる人、持ち運びすることが自分でできる人は、こちらの方法をおすすめします。しかし、回収までの作業を全て自分で行わなければなりません。

「取り外し方がわからない」「調べてもよくわからない」と不安な方は、回収専門業者に依頼しましょう。費用はかかりますが、取り外しから回収まで全てお任せできますし、手間も労力も抑えることができますので、おすすめです。

当社では、東京・神奈川・千葉・埼玉の対象エリアのエアコン処分を行っております。取り外しから回収までお任せください。お電話いただければすぐに対応も可能です。

まとめ

エアコンの廃棄や回収・処分を業者に依頼しようとすると、主に上記の3つの費用が発生します。これらの費用は、エアコンの種類・取り付け場所・地域・業者などによって変動します。引き取りを同意する前にはしっかりと内訳を確認しておきましょう。

当社では、東京・神奈川・千葉・埼玉の対象エリアのエアコンを格安にて回収・処分しております。取り外しから回収まで全てお任せ!お電話いただければ無料で査定致しますので、お気軽にご連絡ください。

>>当社のエアコン取り外し処分についてはこちら<<

少しでも費用を節約したい方には直接持ち込みがおすすめです。事前予約は要りません。年中無休で営業しておりますので、営業時間内にいつでもどうぞ。

>>エアコンの直接持ち込みについてはこちら<<

また、ほとんど使用されていないような新品・未使用品は買取も可能です!他社よりもお高く査定させていただきます。

>>エアコンの買取についてはこちら<<

エアコン取り外し処分

エアコン取り外し処分

エアコンの取外しから処分回収まで
トータルで1台8,000円(税込)です

詳細はこちら

関連記事

新着記事