冷蔵庫を格安で回収できる?おすすめの処分方法を教えます!

冷蔵庫を格安で回収できる?おすすめの処分方法を教えます!

冷蔵庫の処分方法について

不要になった冷蔵庫などの大型家電は、「家電リサイクル法」に基づいて処分するのが一般的です。しかし、家電リサイクル法に基づいた処分方法だとお金がかかり、運搬の手間もかかります。できれば格安で簡単に処分したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

実は冷蔵庫を格安で処分する方法はあります!しかも、自分で処分するよりも簡単で手間もかかりません。
ここでは、その方法について詳しく解説していきます。


冷蔵庫を処分する一般的な方法とは?


冷蔵庫を始めとする大型家電は、粗大ごみとして出して処分することはできません。家電リサイクル法に則った方法で処分しなければ違反となります。
主な流れとしては、規定のリサイクル料金を支払い、指定場所まで冷蔵庫を自分で運搬していきます。

冷蔵庫の処分には、まず初めにリサイクル料金を支払います。リサイクル料金は家電の種類やメーカーによって定められています。


参考:冷蔵庫の場合のリサイクル料金
170リットル以下 10%税込み 3,740円
171リットル以上  10%税込み 4,730円
※2020年2月現在の価格です。


郵便局にリサイクル券購入用紙(振込用紙)が用意されているので、窓口にて指定の金額を支払います。振り込みが完了すれば郵便局券がもらえるので、それをリサイクル対象の冷蔵庫へと貼り付けます。

あとは、指定された場所へと冷蔵庫を運搬します。指定場所は各自治体に問い合わせるか、RKCホームページ(http://www.rkc.aeha.or.jp/index.html)を確認してみてください。


簡単に格安で冷蔵庫を回収してもらう方法


上記のように自分で冷蔵庫を処分しようとすると、リサイクル料金や運搬の手間がかかります。とくに冷蔵庫の運搬は重くて大変ですし、運搬用の車も用意しなければならないので、かなりの労力ですよね。

そこでおすすめの方法が、回収業者に依頼する方法です!回収業者では、自宅まで直接冷蔵庫を取りにきてくれるところが多いです。運搬から回収まですべて任せることができるので、多忙の人にはとても便利。

また、回収業者によっては格安で冷蔵庫を処分してもらえます。家電用品店で依頼すると「リサイクル料金+運搬料」が発生するのですが、回収業者ではそれよりも更に安く済む場合が多いのです。
さらに、冷蔵庫が新しいモデルで状態が良ければ、買取してもらえる可能性もあります!買取可能な冷蔵庫なら、回収してもらえるのと同時にお金も手に入りますよ!


当社パワーセラーでは、東京・神奈川・千葉・埼玉の対象エリアの冷蔵庫リサイクル回収を行っております。お客様宅まで出張して回収致しますので、サイズの大きい冷蔵庫もお任せ!
>>冷蔵庫のリサイクル回収に関する詳しいページはこちら<<

さらに、買取可能な冷蔵庫なら高価買取も可能です。製造年月日からおおよそ5年以内で国産メーカーなら高い査定額になりますよ。
>>当社の冷蔵庫買取価格例はこちら<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A