衣類をキレイに収納するコツとアイデア

不用品回収Q&A

衣類をキレイに収納するコツとアイデア

衣類の収納というのは、あらゆるものの収納の中で難しいといわれています。
それは何故かというと、毎日常に変化があるものだからです。
キレイにしまったはいいけれど、翌日着る服を取りにくいところにしまっていて、せっかく掃除したのにすぐに散らかしてしまう…という話もよく聞きます。
どれだけ使いやすく、キレイにすっきりと収納ができるかが大切。
衣類の収納方法のアイデアやコツをご紹介します。

引き出しは縦収納が一番見やすい

引き出しで、上にどんどんと積んでいく収納方法はあまりオススメできません。
何が入っているか見づらいのはもちろんですが、下のほうに収納をした衣類を取り出したいときには、上にキレイに畳んである衣類を崩さなくてはならないからです。
その度に引き出しの中を整理するというのは大変です。
縦収納であれば、引き出しを開ければ何が入っているかはすぐに分かります。
同時に色分け、そしてアイテムごとで分けておくと更に便利だと思います。
色は薄いものから濃いものへ、とグラデーションにしておくと色で定位置を決めることができ、選択してから収納をする場所を探すのが楽です。
アイテムごとにというのは、縦収納にすると色がメインとなっており、タンクトップだったのかTシャツだったのか…判断がつきにくくなるからです。
できるだけアイテムでまとめて、どこに何をいれたのか把握しておくと、タンクトップを探していたのにTシャツを取ってしまった…という失敗も防げます。

クローゼットは長さ別で並べる

クローゼットにかける衣類などは、色わけというよりかは、衣類の長さで決めるといいでしょう。
丈が短いシャツやブラウス、ショートジャケットやスカートから始まり、ワンピースやロングスカート、ロングコートなどです。
長さ別にすることでクローゼット全体がキレイに見えますし、短い衣類を集めた下には、まだ収納をするスペースができます。

基本はすっきりとわかりやすく

衣類は毎日使うものだけに、片付けてもキリがないから片付けるのが面倒になってしまいやすいです。
でもキレイにきちんと、すっきりわかりやすく収納をすると、使いやすくなるのです。
見た目もよくなるだけではなく、実用性もアップするのです。衣類のシワを防いだり、傷みを減らすのも、キレイに収納されているからといえるでしょう。
大事な衣類たちを、きちんと収納をしてあげてくださいね。

入りきらなくなったら不用品回収業者へ

衣類は増えすぎて収納しづらくなる傾向がありますので、今ある収納におさまりきらなくなったら捨てる勇気も持ちましょう。
古い衣類は持っていても着ませんよね。
不用品回収業者は買い取れるものは買取をしてくれますし、不用品も処分をしてくれます。

まとめ

この4つで衣類の収納方法をご紹介しました。
衣類は見やすくわかりやすくすっきりとです。毎日使うものだけに、見やすく取り出しやすいのは大前提ですし、そのためには効率よく収納できる方法を実践しなくてはならないでしょう。
入りきらなくなったら捨てる勇気も持ってくださいね。
さっそく今日から、始めてみませんか?

片付け業者におまかせして一気にゴミを捨ててしまうなら是非当社へご依頼ください。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A