片付けが苦手な方必見! 部屋に溜まった不用品を捨てるコツとは?

不用品回収Q&A

片付けが苦手な方必見! 部屋に溜まった不用品を捨てるコツとは?

「自分ではキレイに部屋を使っているつもりなのに、気がついたらモノが溢れている」
近年、このようなお悩みを抱えている方が増えているようです。
このような方の多くに共通していることが「モノを捨てる事ができない」ということ。
確かにモノを大切にするのは素晴らしいことですが、部屋のスペースには限界があります。
モノを減らすことをしないで、どんどん新しいモノを購入していては、部屋が溢れてしまうのは必然です。
そこで今回は、不用品を捨てるコツをご紹介します。
不用品を捨てるコツを身につけて、スッキリとした部屋で快適な生活を送ってくださいね。

必要なモノと不要なモノの判断基準を身につける

「部屋にあるもの全てが必要かと言われれば、確かに要らないものが多いかも」
頭では理解していても、いざ捨てるとなると躊躇してしまうもの。
そこで、 気持ちよくモノを捨てるために、必要なモノ・不要なモノの判断基準を設定しましょう。

1. 今使っているかどうか?

まず、今使っているかどうかというのが一つのポイントです。
当然、今現在使用しているモノは、あなたにとって必要なもの。
しかし、中には「今は使っていないけど、いつか使うかも」「もしかしたら必要になるかも」そう思って取っといたものの何年も放置されている…こうしたケースも多いのではないでしょうか?
「いつか使う」の「いつか」は、この先何年後に訪れるかわかりません。
恐らく一生訪れない確率のほうが高いでしょう。
来るかわからない日のために貴重な部屋のスペースを占領されているなんて、もったいないと思いませんか?

2. どうしてもそれじゃなきゃダメなのか?

「いつか使うかも」と取っておくのは逆にもったいない…ということをお話しましたが、中には「入手困難なモノ」「他のものでは代用ができない1点モノ」など、必要になった時に捨ててしまった事を後悔してしまうようなモノもあるでしょう。
こうしたモノは無理に捨てる必要はありません。
逆に、必要になった時に新しく買えば済むようなモノ・どこでも手に入るようなモノは迷わず処分しましょう。

3. 一生取っておきたいモノか?

思い出の品や大切な人から貰ったプレゼントなど、捨てるに捨てられないモノもあるでしょう。
しかし、このようなモノも、年月と共に新しいモノが増えていきますし、全て取ってくのは無理があります。
そこで捨てる時の判断基準となるのが「一生取っておきたいモノかどうか」という事。
「見るたびにトキメク」とか「落ち込んだ時に見ると勇気が出る」など、一生大切にしたいというモノもあると思います。
しかし、ただ「せっかく貰ったモノだから…」と捨てられずにいるモノのほうが多いのではないでしょうか?
こうしたモノは、思い出だけを胸にしまって、どんどん処分してしまいましょう。

不用品を捨てるタイミングは?

次に重要なのが不用品を捨てるタイミングです。
現在、不用品で部屋が溢れているという場合は、まず1日5分でもいいので要らないものを避けていきましょう。
片付けられない原因として「時間がない」という言い訳をする方にいますが、一日5分くらいの時間なら確保できるのではないでしょうか?
散らかった部屋を目の前に、一度に全部片付けようと思うのは中々モチベーションも上がりませんが、毎日のルーティンに組み込んでいけば、いつの間にか部屋がスッキリ片付いていることに気付くでしょう。
しかし、問題は部屋がキレイになった後。
以前と同じような生活をしていれば、また元の状態に逆戻りです。
そこで、不用品を捨てるタイミングについてご紹介します。

1. DM・チラシなどは読んだらその場で捨てる

毎日ポストに届くDMやチラシなどは、すぐに捨てないとどんどん増えてしまいます。
玄関からそのままゴミ箱に直行するくらいの勢いで捨ててしまいましょう。

2. 収納が溢れてきたら捨てる

新しいモノを購入して、収納にモノが入りきらなくなったら、元々持っていたモノから要らないものを選んで捨てていきましょう。
本棚や洋服ダンスなども同様です。
新しいモノを買ったら古いモノを捨てるというルールを設けることで、余計な買い物を防ぎ、節約にもなるかも知れません。

3. 収集日の前日に捨てるモノがないかチェックする

「ゴミ収集日の前日に捨てるモノを探してゴミ袋に詰めて、翌日まとめて出す」こうしたことを習慣にすることで、部屋が必要以上にモノでいっぱいになることはなくなります。
ただし、粗大ゴミを捨てる時には事前に捨てるモノの種類・個数などを申告する必要がありますので、注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は不用品を捨てるコツについてご紹介しました。
今回ご紹介した方法を参考にいらないモノはどんどん処分しましょう。
あまりにも不用品が多すぎて自治体のゴミ収集に出すのが難しいという場合は不用品回収業者にゴミの収集を依頼するのもオススメです。
ただし、中には悪質な不用品回収業者も存在していますから、事前にしっかりと不用品回収業者の情報を確認して、信頼できる回収業者に依頼するようにしましょう。

片付け業者におまかせするなら是非当社へご依頼ください。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A