ウィッグの処分方法

不用品回収Q&A

ウィッグは可燃ゴミで捨てれますか?他の処分方法はありますか?

おしゃれをしたり、イメチェンをしたりと、ウィッグを使う女性って多いはずです。また、コスプレや撮影などでもウィッグを使う場合が多いですね。そうしたウィッグって、だんだん痛んできてしまうので、いつかは捨てた方が良いものです。ただし、どのように処分したらいいか分からない人が多いので、その方法について解説していきます。

普通のウィッグでしたら燃やすことのできる素材で出来ていることがほとんどなので、「可燃ゴミ」として処分することが出来ます。そのため、自治体の可燃ごみの日にそのまま捨てれば問題ないでしょう。しかし、美容院の練習用のウィッグは大量に捨てる事が出来ないので、1個ずつ捨てる事をお勧めします。ただ、人によってはウィッグを捨てるのが憚れる場合もあると思いますので、そういった方であれば紙袋など、見えないものの中に入れて捨てれば問題ないので安心してくださいね。

コスプレなどで利用した時に、ウィッグを加工していると難しいですが、そのまま利用しているのであれば「リサイクルショップ」にて買取してもらうこともできます。ただ、お店ごとに買い取る品は異なるので、どんなウィッグの状態なら買い取ってもらえるのかを確認しておくようにしましょう。また、汚れが目立つウィッグは基本的には「可燃ゴミ」にした方が良いかもしれませんね。

リサイクルショップで買取をしてもらえなかった場合でも、販売できる可能性はまだ残っています。例えば、フリーマーケットにて販売したり、ネットオークションに出品する方法があります。ベリーショートまで行かない髪型なら、まだ練習したい人はいるので、ボブぐらいまでのカットなら、まとめてヤフオクで売れば数千円でうれるかもしれません。
こうした方法を利用すれば、もしかしたら処分費用がかからずに手元から無くすことが出来るかもしれません。

美容室の練習など、事業で利用した髪の短くなった多数のウィッグを、大量に捨てる場合は、事業ゴミになりますので、近所のゴミ置き場には捨てたくないですね(捨ててはいけません)。市のクリーンセンター、ごみ焼却所に持ち込めば、事業ゴミとして捨てることができます。

ただし、東京23区などは、各区に焼却所がありませんので、不用品回収業者に引き取ってもらってもいいですね。美容師の練習としてウィッグをカットしているといつの間にかたまることがあるかもしれません。そうした時には、業者に頼ってみてもいいですね。

>>当社でのウィッグの廃品回収はこちらです!<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A