庭の木の処分方法

不用品回収Q&A

大きな庭の木の処分に困ってます。捨て方を教えて下さい。

庭の木 処分方法

家の中が見えないように、また縁起が良いとして松や梅、桃や柿などの木を庭に植えているご家庭って多いものです。見ている分には綺麗で、気分もよくなりますが、手入れをして出た枝や、事情があって処分する場合には、困ってしまうものです。そこで、庭の木を処分する方法についてご紹介していきますね。

基本的に木は燃やすことが出来る材質なので、可燃ごみの日に出すことができます。ただし、可燃ごみとして出すには、自治体専用のゴミ袋に入る大きさにする必要があるので、切った枝が長すぎたり、大きすぎる場合にはさらに切り分ける必要があります。そのため、ひと手間はありますが、庭の木も「可燃ゴミ」として捨てることが出来るようになっています

とくに自分で処分するのが大変と言う場合には、廃品回収業者などに木の処分を依頼するといいですね。業者に依頼をすると、有料ではありますが、大きな庭の木であっても処分してくれる場合がほとんどです。そのため、面倒くさいと感じる場合や、急いで処分する理由がある時には回収業者に委託するといいですね。また、この回収業者に依頼するときに確認しておくべきことは、「伐採までしてくれるか?」と言う点です。業者によって切ってくれたり、切るのができなかったりするので、事前に確認しておくといいですね。

「ゴミの日」を待つことが出来ない場合などには、回収業者以外に自治体の環境センターやクリーンセンター、清掃局に持っていくという方法があります。これは、自動車など持っていく手段が必要にはなりますが、すぐに焼却処分してもらうことが出来る方法となっています。そのため、すぐに安く処分したいときには、地域の清掃局に確認を取ってみるといいですね。

庭の木を処分するポイントとしては、自分がどこまで処分をするかがキーになりそうです。例えば、全部処理するなら「ゴミの日」でいいですし、全部やってもらうなら「業者に依頼する」方法が良いでしょう。そのため、どこまでなら手伝えるのか、人手の有無など身の回りの環境を確認してから、庭の木を処分するといいですね。

さあ!実際にいくつかの業者の料金を調べてみましょう!

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A