スプレー缶の処分方法

不用品回収Q&A

スプレー缶の処分方法を教えてください

ヘアスプレーに、制汗スプレーに、殺虫剤。日常生活で利用する消耗品は、スプレー缶に入っていることも多いものです。ただ、こうしたスプレー缶の処分は、どのようにしたらいいのでしょうか?その方法と注意点について解説していきますね。

スプレー缶を使いきって、中身が入っていない場合には、そのままゴミの日に処分することが出来ます。自治体ごとに捨てるゴミの区分は違いますが、基本的には金属ごみか不燃ごみの日に捨てられます。そのため、中身が残っていないのであれば、そのままご自身の住んでいる地域の処分ルールに従って、ゴミ処分するといいですよ。

中身が残っていない場合は気にせず捨てれば良いですが、「残っている場合」には要注意です。スプレー缶の中身が残っている状態でゴミの日に処分すると、スプレー缶が爆発する恐れがあります。また、スプレー缶に使われているガスが可燃性のため、そのまま捨てると引火してボヤ騒ぎになる可能性もあります。そのため、中身が残っているときには、「必ず使いきってから」捨てるようにしましょう

スプレー缶に残っている中身を捨てるには、「屋外にて、吸収性のあるティッシュや布に含ませる」ことが一番簡単です。また、ものによっては蓋についている使いきり用の装置を使って、中身を捨てるのもいいですね。この他、穴をあけて処分する方法もありますが、最近では「引火の恐れがある」ことから、非推奨となっています。そのため、中身を捨てるなら、屋外に行ってティッシュなどに吸収させるのが簡単ですね。そして、中身がなくなったらゴミの日に処分できるので、そのまま捨てれば問題ないですよ。

スプレー缶を処分する方法は、中身のある・なしによって変わってくるので注意が必要ですね。また、中身が残っている場合には「必ず、中身を捨ててから」ゴミ処分することを守るようにしましょう。そして、処分する日は自治体ごとに決まっているので、予め確認しておくといいですね。

>>当社でもスプレー缶の不用品回収を行っています<<

>>当店へのお持ち込み処分なら、もっとお安く処理できます<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A