廃品回収業者とのトラブル事例

廃品回収業者とのトラブル事例

「無料でなんでも回収します」とトラックでアナウンスしながら、町内を流している廃品回収業者をよく見かけると思いませんか。
許可を得て回収に当たっている業者の数も多いのですが、許可を取らずにそうした活動を行っている業者はというと、きっと膨大な数字になるでしょう。
廃品回収業者とのトラブルも年を追って増えています。
全国の消費生活センター等に寄せられる廃品回収サービスに関する相談件数が2002年度は141件だったものが2006年度には318件になるなど急激な増加を見せています。

相談の内容でトップを占めているのが、「最初は“無料”を強調してたのに作業後に料金を請求された」「口頭で伝えらえた見積りより、はるかに高額な料金を作業後に請求された」など、料金をめぐってのトラブルです。
大型電化製品やテーブルなどの粗大ごみを正規ルートで処理してもらう場合、料金を支払って持っていってもらわなくてはなりません。
その点、廃品回収業者は家の中まで引き取りにきてくれるし、料金もタダというのはおいしい話です。
しかし、作業が終わった後に怖い現実が待ち受けています。
「全部が無料ではない。この品物はお金がかかる」「この電化製品はリサイクル料金が別途かかる」など、理由をつけてお金を請求する事例もあります。
これらの業者は認可を受けていない業者なので、「まあ、いいか」と簡単にお金を払ってしまうと、あなたも違法の片棒を担ぐことになるので要注意です。

さらに怖いのは、悪質な業者になると、回収してきた廃棄物の適正な処理費用を惜しんで、山の中や畑、空き地などに不法に投棄するケースも頻出しています。
そこに持ち主の名前や住所が残っていると、あらぬ疑いをかけられ警察で取り調べられることもあり得ます。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A