ひとりで無理をしないことが大切。ゴミ屋敷を片付ける方法とは?

不用品回収Q&A

ひとりで無理をしないことが大切。ゴミ屋敷を片付ける方法とは?

TVなどで度々取り上げられるゴミ屋敷。
そのすさまじい状態に驚かれる方も多いと思います。
でも、しょせん他人事だと思っていませんか?
実は今、親や兄弟がゴミ屋敷の住人になってしまい、片付け方がわからず途方に暮れているという方が増えてきているのです。
そう、ゴミ屋敷は決して自分とは無縁のものではないんですね。
そこで今回はゴミ屋敷の片付ける方法をご紹介しましょう。
ゴミ屋敷の片づけでお悩みの方、必見ですよ!!

ゴミ屋敷の片づけはなぜ難しい?

ゴミ屋敷とは、家の中や庭がゴミでいっぱいの状態の家のことです。
場合によっては「人が一人かろうじて暮らせる程度のスペースを残して他は全てゴミで埋まっている」ということもあるでしょう。
しかも、そのゴミは弁当の空き箱から、使われずにホコリをかぶった電化製品まで、ありとあらゆる種類のものがまじりあっているのです。
たとえゴミ屋敷がワンルームのアパートであったとしても、これらを一人で分別してゴミ袋に入れ、自治体が指定した日時に回収場所まで持っていくのはとても大変。
しかも、ゴミが多すぎてどこから手を付けていいかわからない、と途方に暮れることも珍しくありません。
桁違いのごみの量がゴミ屋敷の片づけを難しくさせているのです。

一人で全てを片付けようと思わない

ゴミ屋敷を一人で片付けよう、などとは思わない方が良いでしょう。
ゴミ屋敷を片付けなければならなくなったら、まずはできる限り人手を集めます。
家族や友人など、役に立つ人ならば誰でも協力を頼みましょう。
ゴミ屋敷の住人については、やる気があるなら手伝ってもらい、やる気がないのならどこかに出かけておいてもらいます。
そして、人海戦術でどんどんごみを分別し、袋に詰めていってください。
自治体によっては自分でゴミ収集センターに持ち込めば、曜日に関係なくごみを処理してもらえますので、輸送手段がある人は積極的に利用しましょう。
さらに、1日で終わらせようと考えず、土日ごとに一か月間かける、など長期的な計画で片付けていくことが大切です。

手におえない場合は不用品回収業者に依頼をしてみよう

しかし、「ゴミ屋敷の片づけなんて手伝ってくれる人はいない」「早急に家のゴミをすべて片付けるように求められた」ということもあります。
そんな時頼りになるのが不用品回収業者。
ゴミ屋敷の片づけは清掃業者や便利屋さんなども請け負ってくれますが、不用品回収業者は普通のごみだけでなく、大型家具や家電など大型で処分の難しいゴミも回収してくれますのでとても便利です。
今は「ゴミ屋敷を片付けます」という不用品回収業者も増えてきていますので、片付けを依頼したい、という方はインターネットなどでお近くの業者を検索してみましょう。

いかがでしたでしょうか。
ゴミ屋敷は時間をかけて作られていきますから、その片付けも一朝一夕では終わりにくいでしょう。
「ゴミ屋敷を人に見られるなんて恥ずかしい」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、片付けが長引くほどゴミによって家自体が傷んできます。
一人で悩んでいるという方は思い切って業者に依頼をしてみませんか?

片付け業者におまかせするなら是非当社へご依頼ください。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A