使用済みの土(培養土)の処分方法

不用品回収Q&A

使用済みの土や培養土の処分方法を教えて下さい

残土 処分方法

家庭用ガーデニングや野菜の栽培をしている人にとって、欠かすことのできない培養土。鉢植えで植物を育てている場合には、定期的にこの培養土を交換する日強がありますよね。この時に出た培養土で使用済みのものって、どのように処分したらいいのかご存知ですか?その処分方法をご紹介しましょう。

使用済みの土や培養土の場合、まず処分するべきかどうかを確認する必要があります。例えば、まだガーデニングをやっていたり、野菜栽培をしているだけであれば、使用済みの土を再度使うことができます。そのため、もし「これからもガーデニングなどを続けるが、一度使ってしまったから処分する」と考えているのであれば、今一度「土を再利用できる」ように工夫するのが良いでしょう。

培養土や使用済みの土は、一般ごみとして処分することが可能となっています。基本的には「可燃ゴミ」か「不燃ごみ」で捨てることになっていますが、これは地区によって異なります。そのため、自治体などに連絡を取って「どの区分で処理したらいいのか確認する」ことが大切です。ただし、ゴミ処分する際には、ゴミ袋に入れて処分する必要があるので、入りきらないくらい多い時には、他の処分方法を選びましょう

一般ごみとして処分できないくらいに培養土が多い場合、不良品回収業者に依頼して回収してもらうのが良いかもしれません。もちろん、必ず回収してもらえるわけではないですが、連絡を取ったら処分してくれる場合もあります。ただし、処分料金が発生する場合がほとんどであるため、処分する際には、見積もり料金などをあらかじめ確認しておくことが大切です。

培養土を購入した園芸屋さんが近くにある場合は、処分方法を相談してみるのが良いかも知れません。もしかしたら、園芸屋さんが引き取ってくれる可能性もあります。また、相談した時点で、他の適した処分方法などを教えてくれるかもしれません。そのため、専門業者に確認するといいでしょう。

このように使用済みの土の処分をするのであれば、地域のゴミ区分に従うといいですね。ただし、量が多い場合は廃品回収業者などに依頼する方が、早く処分できるかもしれませんね。

さあ!実際にいくつかの業者の料金を調べてみましょう!

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A