知らないと損するテレビの処分方法6選!自分で持ち込み処分する方法から注意点まで解説

テレビの処分方法がわからない方必見の知らないと損する処分方法6選を紹介。自分で持ち込み処分する方法から注意点まで詳細に解説いたします。

不要になったテレビの処分方法は、大きく分けて6つの方法があります。今回の記事では、それぞれの処分方法やおおよその費用目安について調べました。自分に合った方法で、テレビの処分を実行しましょう。

テレビの処分方法6選

テレビの処分方法は、大きく分けて次の6つです。

  • 家電量販店へ依頼
  • 自治体指定の回収業者へ依頼
  • 自ら指定取引所に持ち込む
  • リサイクルショップで買取
  • フリマアプリやネットオークションで売却
  • 不用品回収業者に依頼

それぞれの方法について、詳しく紹介します。

家電量販店・電器屋へ依頼

家電量販店や街の電器屋では、テレビの処分に対応しているケースが多いです。家電量販店には、家電リサイクル法に該当する製品を買い換える際に、古い製品を引き取る義務があります。

そのため、少なくとも買い換えの際には引き取ってもらえる可能性が高いでしょう。お店によっては新製品を購入しない単なる処分でも対応してもらえる場合があります。サービスの一環として、自宅まで回収に来てくれるお店も少なくありません。

なお、リサイクル料金や運搬料金がかかるため、無料では処分できません。たとえば、主な量販店の収集運搬料金は次の通りです。

家電量販店費用
ケーズデンキ2,200円
ヤマダ電機2,200円
ビックカメラ1,650円
ヨドバシカメラ550円

このほかにリサイクル料金がかかります。

コジマさんの場合

リサイクル料金(15型以下:1785円、16型以上:2835円)に加えて、 525円の収集運搬費用が必要です。 ただ、コジマで商品を買ったことが前提で、なおかつ525円なのは1点のみです。 2点以上依頼するときは、1点につき3400円がかかります。

自治体指定の回収業者へ依頼

テレビは家電リサイクル法が適用されるため、いわゆる自治体の粗大ゴミでは処分できなくなりました。しかし、地域によっては自治体が処分業者を指定していて、その業者に依頼すれば不要になったテレビを回収してもらえます。

たとえば、東京都23区の場合は「家電リサイクル受付センター」で申込み可能です。住む地域により対応が異なるので、不明な場合は自治体に問い合わせましょう。

なお、基本的には運搬料とリサイクル料金がかかります。東京都23区の場合の目安は次の通りです。

テレビのサイズリサイクル料運搬料合計
15型以下1870円2618円4488円
16型以上2970円2750円5720円

所沢市の場合を市役所で確認

所沢市では、テレビのリサイクル費用の目安は15型以下で1785円かかります。16型以上ですと2835円です。製品によって異なる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。このほかに運搬料がかかります。運搬費用は小売店ごとに異なるので、対応業者や店舗に確認する必要があります。

自ら指定取引所に持ち込む

家電のリサイクルを受け付けている指定取引所に自分で持ち込む方法もあります。40型くらいまでなら、大きめの車を所有している方なら自力での運搬も可能です。持ち込みなら運搬料がかからないため、ほかの方法より費用を掛けずに処分できます。

事前に郵便局かゆうちょ銀行にてリサイクル料を振り込みます。 そのときにリサイクル券を受け取って処分するテレビへ貼っておきます。 その後、「木下フレンド」もしくは、「日本通運 川越支店」などの持ち込み対応業者に搬入しましょう。

リサイクル費用はブラウン管なら1320円~1870円、液晶・プラズマなら2420円~2970円です。

リサイクルショップで買取

リサイクルショップに買い取ってもらえば費用がかからず、むしろ収入を得られます。テレビがまだ新しく状態が良い、人気モデルの場合などは買取に応じてもらえる可能性があります。

他の処分方法に費用がかかることを踏まえると、買取額が0円に近くてもリサイクルショップを利用した方が賢明です。テレビの買い取り価格は製品の新しさによって大きく左右されます。以下は過去の事例です。

製品買取価格
LGエレクトロニクス OLED65W9PJA 液晶テレビ430000円
ソニー 液晶テレビ KJ-75X9400C400000円
SONY 65型テレビ KD-65X9200B280000円
ソニー 最高級 55V型 有機EL テレビ KJ-55A9G BRAVIA178000円
液晶テレビ SONY 2013年製 55型145000円

なお、店舗によって出張買取に応じています。出張買取を利用すれば、自宅から店舗にテレビを運搬する手間が省けるため、一人暮らしや自家用車がない方に便利です。

フリマアプリやネットオークションで売却

メルカリやヤフオクなどのフリマアプリ・ネットオークションで売却する方法もあります。この方法では、それぞれのサイトに登録して、買い手がつけば収入になります。

正式な査定をするわけではないため、買い手が納得すればリサイクルショップ以上に高値で売れるのが特徴です。一方で、買い手がつくまで待つほかないため、処分に時間がかかる可能性がある点には留意しましょう。

メルカリの出品状況をみると、古い製品や小型の製品が多くみられます。

製品出品価格
Panasonic TH-42AS60015000円
マクスゼン 32型 液晶テレビ JE32TH0114980円
TCL 32型 ハイビジョン スマートテレビ17000円

ただし、あくまで出品事例であり、実際にこの価格で成約するとは限らない点に注意しましょう。

フリマアプリやネットオークションを利用した場合は、梱包・運搬を自分で手配しなければなりません。業者に依頼する場合はこれらの費用がかかります。費用を加味しても収益が残る水準で価格設定しましょう。

不用品回収業者に依頼

パワーセラーのような不用品回収業者でも、多くの場合テレビをはじめとした家電リサイクル該当商品の処分を受けつけています。柔軟に日程を指定できて、なおかつ自宅まで取りに来てくれるので、手間なく処分したい方や引っ越し前で処分を急ぐ方には便利です。

また、複数の不用品を一気に回収してもらえるのもメリットといえるでしょう。テレビ以外にも不用品がある場合には、まとめて処分を依頼してください。

たとえば、パワーセラーの場合の料金は以下の通りです。

テレビのタイプ回収料金
ブラウン管テレビ14型~24型3000円
ブラウン管テレビ25型~29型6000円
ブラウン管テレビ30型以上7000円
液晶テレビ(液晶に割れがあるものは3000円)0円(無料回収)
プラズマテレビ4000円

一方でパワーセラーでは出張場所により8000円~10000円の最低料金が適用されます。また、25000円のボリュームディスカウントもあるため、複数の不用品をまとめて処分するのがおすすめです。

パワーセラーの不用品処分について詳しく見てみる

テレビを処分するときの注意点

テレビを処分するときの注意点は次の通りです。

  • 通常の粗大ゴミでは処分できない
  • 家電リサイクル料金がかかるケースが多い
  • 処分までの期限を踏まえて最適な方法を選択しよう

通常の粗大ゴミでは処分できない

家電リサイクル法が適用されるテレビは、通常の粗大ゴミでは処分できません。誤って粗大ごみ用のチケットを購入してしまうと、無駄なコストになるので注意しましょう。

テレビの回収業者を紹介・あっせんするサービスがある自治体も少なくありませんが、あくまで粗大ゴミとは異なる制度のもと運営されています。自治体で処分する場合は、家電リサイクル対象製品の処分方法に従って、手続きを進めてください。

家電リサイクル料金がかかるケースが多い

パワーセラーのように一部例外もありますが、通常は家電リサイクル対象商品を処分するときんは、家電リサイクル料金がかかるケースが多いです。処分業者から価格提示を受けたとき、運搬料のみが記載されている場合は、家電リサイクル料金が別途かかるので注意しましょう。

処分までの期限を踏まえて最適な方法を選択しよう

買取・処分と複数の方法がありますが、特に引っ越しなどで処分に具体的な期限がある場合は、間に合う方法で処分しましょう。たとえば不用品買取業者への直接依頼は、スケジュールがあえばもっとも迅速に処分できる可能性が高いです。

自治体経由での指定業者への依頼や持ち込みもさほど時間をかけずに処分できるでしょう。リサイクルショップでの買取は、質が悪い製品の場合価格が付きにくく、複数社に査定依頼した結果時間がかかる可能性があります。フリマアプリ・オークションサイトは、買い手がつかなければ処分できないため、もっとも時間がかかる方法と考えておいた方がよいでしょう。

パワーセラーなら、買取・処分両方に対応していて、お客さまの要望に応じて迅速に対応します。ぜひ一度ご相談ください。

パワーセラーの不用品処分について詳しく見てみる

関連記事

  • 関連記事はまだありません。

新着記事