冷蔵ショーケースはどうやって処分する?廃棄や買取の方法について

商品をお客さんに陳列しながら冷蔵することができるのが、冷蔵ショーケース。とても便利な厨房機器ですが、使用しているうちに処分する必要が出てくるものですよね。そんな時、どのように処分すれば良いのでしょうか。

ここでは、冷蔵ショーケースの処分方法について、詳しく解説していきます。

冷蔵ショーケースの処分方法1 廃棄

店舗や飲食店の閉店

店舗や飲食店の閉店

店舗・飲食店の片付け・買取
当社へお任せください。

詳細はこちら

上記のように壊れているショーケースは、廃棄に出しましょう。とはいえ、厨房で使用していた冷蔵ショーケースは、自治体のゴミとして出すことはできません。以下、詳しく解説します。

業務用冷蔵ショーケースは家電リサイクル法対象外

まず、「エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、テレビ」の家電は、「家電リサイクル法」の対象となります。家電リサイクル法とは、規定の処分方法が定められている法律のことです。家電リサイクルショップまたは大手家電量販店に依頼して、指定料金を支払えば簡単に処分できます。

しかし冷蔵ショーケースは、冷凍庫の区分になるのですが、「家電リサイクル法」の対象外となります。なぜなら業務用の機器は、家電リサイクル法の適用外になることが定められているからです。そのため、大手家電量販店などで処分を依頼しても、断られてしまいます。

産業廃棄物の処分専門業者へ依頼する

では、どのように捨てればいいのでしょうか。自治体に連絡をすれば回収してもらえるのでしょうか?

残念ながら、自治体にお願いしても廃棄を断られてしまいます。業務用冷蔵ショーケースは「産業廃棄物」に区分され、自治体のクリーンセンターでは受付ができないためです。

業務用冷蔵ショーケースの廃棄処分を受け付けてくれるのは、「産業廃棄物の処分許可がある専門の処理業者」です。許可のある処理場へと直接運搬して受け渡す、あるいは産業廃棄物の運搬許可証のある業者に依頼することで、廃棄ができます。

フロンガス回収に注意

しかし産業廃棄物の廃棄ができる業者に依頼する前に、注意する点があります。それは、冷蔵ショーケースに含まれているフロンガスを、事前に回収しなければならないことです。

このフロンガスは環境に悪影響を与える危険なものです。そのため、「フロンガス排出抑制法」と呼ばれる法律によって、その扱いや処分方法が規制されています。

冷蔵ショーケース 画像2

実は令和2年にこの法律が改正され、廃棄する前にフロンガスを回収せずに廃棄した場合、罰則・罰金が強化されています。具体的には、産業廃棄物処理場にて廃棄をお願いする前に、フロン回収ができる専門業者にてフロン回収してもらい、引取証明書を受け取る必要があります。

依頼した先が、フロン回収・廃棄の許可を所有しているケースであれば問題ありません。しかしフロン類の回収と廃棄を別々に依頼する場合は、二度手間となるので注意しましょう。

当社でフロン類の引取証明書を発行できます

当社ではフロン排出抑制法に基づいて

フロンの回収、処分(廃棄)を行って引き取り証明書を発行します。

その際お客様には、「回収依頼書」の発行が必要になります。

もし、回収依頼書を渡さないままフロン類を回収すると罰則が課され、行政指導など経ることなく50万円以下の罰金が課されます。

記入例や発行等はこちらから

フロンが含まれる冷凍冷蔵機器や厨房機器は、例えば業務用エアコン、スポットクーラー、コールドテーブル(台下冷凍冷蔵庫)、冷凍ストッカー、製氷機、業務用ヒートポンプ給湯器などがあります。

業務用の食洗器やガスコンロ、オーブン、フライヤーにはフロンは含まれません。

冷媒にフロン類が使用されているもの(第一種特定製品)が対象となるので 家庭用のエアコンや冷蔵庫などは対象外となります

フロン排出抑制法の対象となる機器

機器を廃棄するとき

●フロン類の回収を第一種フロン類充填回収業者に依頼して下さい。

●廃棄物・リサイクル業者に機器を引き渡す際には、引取証明書の写しを作成し、機器と一緒に渡してください。(下図左)

※廃棄物・リサイクル業者が充填回収業の登録を受けている場合には、フロン類の回収と合わせて機器の引取りも依頼することができます。(下図右)

●解体工事の場合には、元請業者から事前説明された書面を3年間保存して下さい。

フロン排出抑制法

廃棄にかかる費用相場

冷蔵ショーケースの廃棄にかかる費用は、依頼方法やショーケースのサイズによって異なります。

産業廃棄物専門処理業者まで自ら運搬した場合、小さいものなら数千円・大きなものなら数万円ほどかかります。

一方で運搬まで依頼した場合、運搬料や作業費用などを含めると3〜5万円ほどです。

冷蔵ショーケースの処分方法2 買取・売却

まだ新品同然の綺麗な冷蔵ショーケースであれば、廃棄するのはもったいありません。買取できるショップなどに依頼して買取・売却して、お得に処分しましょう。

買取可能な冷蔵ショーケースとは

とくに以下のような冷蔵ショーケースであれば、高値で売れる可能性が高いです。

・運搬がしやすい小さなサイズ

・新規購入から5年以内

・日焼けによる黄ばみがない

・傷や錆がない

・各機能が問題なく使える など

見た目が綺麗であり、最新機能が搭載されている冷蔵ショーケースであれば、買取査定額も高くなる可能性が高くなります。

買取方法1 厨房機器の買取に強いリサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップの中には、厨房機器の扱いに強い店舗があります。そこへ依頼すれば、買取査定を受け付けてくれるでしょう。そこで査定してもらい、査定額に納得がいけば買取してもらいます。

どこのリサイクルショップでも買取してくれるわけではないので、事前に電話などで確認しておくと良いでしょう。

・メリット:運搬すればすぐに買取可能。手間が少ない。

・デメリット:査定額は店舗によってバラバラなので、高く売りたい場合は店舗探しに苦労する。

買取方法2 インターネットサービスを利用して売却する

冷蔵ショーケース 画像3

ヤフオク、メルカリなどのオークションやフリマサービスを利用して、冷蔵ショーケースを自分で売却する方法もあります。こちらの場合は非常に時間と手間がかかりますが、買取査定に出すよりも高額で売れる可能性が高まります。

・メリット:高値で売りやすい

・デメリット:売れるまで時間がかかる、出品や運搬などの手間がかかる

買取・売却時の注意点やコツ

大きいサイズだと断られる・売れない、または査定額低め

買取時に売れやすいのは、運搬がしやすい小さなサイズです。運搬のしやすさはもちろんのこと、最近は省スペースで運営する店舗が多いため、小さいサイズのほうが需要が高いためです。

運搬するのに大人が3人以上必要な大きなサイズだとしても、人気メーカー(ホシザキやサンデンなど)・最新機能搭載・状態がとても良好であれば、買取してもらえる可能性はあります。しかし、査定額は低めとなる傾向があります。

付属品を揃えておく

買取や売却前には、購入時に付いてきた付属品を確認しておきましょう。

電源コードや棚網、取扱説明書や保証書などの重要部品以外にも、温度計・排水皿・鍵などの付属品もないかどうか、探しておくと良いです。

さらに、オプションで別購入したものがあれば、高値で売れる可能性が高まります。

なるべく綺麗にしておく

冷蔵ショーケースは見た目が重要です。汚れがひどかったりホコリが付着していると、査定時に減額となる可能性があります。買取前には、自分でできる範囲の掃除をしておくと良いでしょう。

研磨剤入りのスポンジなどでこすると傷ついてしまうため、柔らかい布やスポンジでさっと拭いておく程度でもOKです。

まとめ

冷蔵ショーケースの処分は、その状態によって処分方法が異なります。最適な方法を選択しましょう。

とくに注意したいのが、大きさです。あまり大きなものだと搬出も大変となるため、サイズや重さを確認しておき、搬出経路や人数を確保しておくと安心です。

当社パワーセラーでは、冷蔵ショーケースの回収を承っております。東京 神奈川 千葉 埼玉の対象エリアの店舗まで出張回収も可能です。ご連絡いただければ、即日対応も致します。

店舗の移転・閉店などで処分したい厨房機器が多くある場合でも対応しております。まずはお電話にてご相談ください。

>>厨房機器の処分回収について詳しくはこちら<<

店舗や飲食店の閉店

店舗や飲食店の閉店

店舗・飲食店の片付け・買取
当社へお任せください。

詳細はこちら

関連記事

新着記事