ブロックやレンガはどうやって処分するの?処分方法を教えて!

不用品回収Q&A

ブロックやレンガはどうやって処分するの?処分方法を教えて!

ブロック レンガ 処分方法

家庭のお庭で使われている大量のレンガが不要になったので捨てたい。
エアコンの室外機の下に引いてあるブロックを、引越しの際に捨てなくてはならなくなった…。

そんな時、これらをどうやって処分すればよいのでしょう?燃えるゴミ、または燃えないゴミで捨てられるのでしょうか?とても迷いますよね。

ここでは、これらの処分方法について、詳しく解説していきます。

畳はゴミとして捨てられないことがほとんど

「ブロックやレンガはゴミで捨てられるの?」と疑問に思う方も多いでしょう。ゴミとして捨てられれば、費用もかからずに便利ですよね。

一度、お住いの役所へと電話で問い合わせてみてください。恐らくほとんどの自治体で、
「レンガやブロックは市では処分していませんので、業者へ電話してみてください」
という答えが返ってくるでしょう。

なぜなら、レンガやブロック、庭の植木や庭石などは、「産業廃棄物」として分類されるため、一般家庭ごみとして受付してくれないからです。
3~4個ほどの少量なら、清掃センターなどで引き取ってもらえる可能性はあります。しかし、大量のブロックは焼却炉で燃やすことができないので、断られる可能性が高いです。

自治体で処分ができない場合、地元の産業廃棄物の収集運搬業者を教えてくれます。そこへ連絡してみましょう。

地元の回収業者に依頼する方法が一般的

ブロックやレンガは自治体で受け入れされていないケースがほとんどなので、地元の処分業者に依頼する方法が一般的です。

では、これらの産廃業者はどうやって処理しているのでしょうか?簡単に説明すると、石やコンクリートを、材質ごとにリサイクルされています。
とくにコンクリートの場合は再利用の価値が高いため、大量に運び込んでも数千円ほどで処分してくれるでしょう。

「軽量ブロック」の場合、「原料」としてそのまま再利用が可能です。しかし、首都圏ではリサイクル施設を構えている業者は少ないでしょう。
首都圏ですと、ほとんどのブロックは「がれき」と同じ扱いとなり、持ち込みした場合は1立米(立方メートル)あたり9,000円~15,000円の処分費が発生してしまいます。

レンガの場合、陶器類と同じカテゴリに入ります。そのため材質としての価値はほとんどなく、地方の業者さんでも処分費用は軽量ブロックより、若干高めになることでしょう。

なお、ブロックやレンガの詳しい処分費用については、以下ページをご参考にしてください。

>>ブロックやレンガの処分費用を実際に調べてみました<<

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A