廃品回収できるもの もの毎に異なる回収方法について

軽トラックの廃品回収車が無料回収できるものは何でしょうか?

廃品回収の業者を利用したいけど、どれが回収できるものでどれができないものなのかいまいち分からないという人も多いのではないでしょうか?
そこでここでは廃品回収できるものは何か?またものによって回収方法は違うのかをお伝えしていきたいと思いますので、これから不用品を処分しようとしている人は参考にしてみてください。

まずはじめにスムーズに回収できるものは一般ごみや粗大ごみとして処分できるもので、棚や机、椅子などの大きなものからおもちゃや洋服、靴などの小さなものも可能です。
また読まなくなった本やCD、DVDなども回収可能になっていますので、細かいものはまとめて処分してしまったほうがいいでしょう。

次に回収の際に少し手間がかかるものですが、これは家電リサイクル法が適用される家電で冷蔵庫や洗濯機、テレビなどが該当します。
これらは粗大ごみとして処分することができず、リサイクル券を購入して処分しなければなりませんから業者で直接回収可能かどうか問い合わせてみる必要があります。
回収可能な業者はそれらを再度リサイクルしますが、リサイクルショップの場合買い取りによる回収も可能ですからまだ使えるのであればそちらのほうがおすすめです。

また回収できないものはガスボンベやスプレーなどの中身が入った状態のもので、こういったものを回収してもらう際には必ず中身を空にしておかなければなりません。

以上が一般的な廃品回収のできるもの、できないものになりますが業者によって取扱い項目が異なることもありますので、利用前に必ず問い合わせてみてください。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A