こんな時にご利用ください

不用品回収 豆知識

こんな時にご利用ください

自分では処分できない…そんなときにオススメ!

不用品

引っ越しのための片付けで出てくる不要品。
家族構成の変化から、もう使わなくなってしまったものたち。
人生には、そういったものが出てくる機会がたくさんあります。
とくに電化製品や大型の家具は、自分で処分するのも大変です。そんなときには、ぜひ当社をご利用ください。

東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県にお住まいの場合は、すぐに出張買取、または回収いたします。また、お客さまによる当社へのお持ち込みや、宅配便による回収も承っています。
お電話かメールにて、品目や点数をお教えください。お見積はすぐにお伝えいたします。訪問の際に料金が加算されることもないので、安心です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

こんなケースに便利です

冷蔵庫

当社に回収を依頼される品物は、以下のようなものが多いです。
・冷蔵庫
・洗濯機
・ソファ
・ソファベッド
・その他(一人暮らし用の家具や、大型家電など)

不要品の回収を依頼される方の多くは、お一人暮らしです。中でも多いのが、ワンルームや1Kといったアパート・マンションで一人暮らしをしている、働き盛りの若いお客さま。
転勤や転職に伴う引っ越し、またご結婚などで引っ越す際によくご利用いただいています。

とくに、「日中は仕事をしている」かつ「自家用車は持っていない」というお客さまが多いです。こうした方が通常のゴミで出せない不要品をご自分で処分するとなると、なかなか大変です。
まず不要品を運ぶための車をレンタルしなければなりません。レンタカーに不要品を積み込み、自分で運転し、市区町村のクリーンセンターなどへ持っていく、という手順になります。
時間も手間もかかりますし、車の運転ができる方ばかりでもありません。また処分にかかる費用も意外と大きなものです。レンタカー代に1日7,000円程度、家電リサイクル法に基づいた処分費用が冷蔵庫で3,000円程度、洗濯機で2,000円……とそれぞれ加算されていきます。自分で頑張って安く済ませたい、と考えていたのに、結局20,000円前後はかかってしまう場合が多いのです。

また、引取先の営業日の問題もあります。
全部自分でやろうと思って、片付けをしたとします。いざ市区町村のクリーンセンターに持って行こう!と思っても、そこは行政の管轄。土日は開いていないのです。
せっかく忙しい合間に時間と労力を費やして準備しても、肝心のクリーンセンターが開いていないのでは処分したくでもできません。

当社なら、手間なしラクラク、お時間も取らせません。同じくらいのお金を支払うのであれば、楽な方がいい!と当社をお選びいただく方が多いです。

テレビ

最も多いのはテレビとパソコン

回収を依頼されるものの中で最も多いのは、テレビとパソコンです。
テレビとパソコンは処分そのものにお金がかかり、また手続きも煩雑です。同じようにお金をかけるのならば楽チンな方が良いですよね。

・冷蔵庫
・テレビ
・洗濯機
・エアコン
などは、家電リサイクル法に基づいた手続きと、処分費用が必要です。

また、パソコンにも「パソコンリサイクル法」というものがあり、処分の仕方が厳密に規定されています。
パソコンを処分するには、基本的にはメーカーに返さなければいけません。このとき、年式が新しいものは無償で引き取ってくれるメーカーが多いのですが、年式が古いものは引き取り費用が発生するケースがほとんどです。
古いパソコンの引き取り費用は、お客さまがメーカーと直接やりとりしても1,500~3,000円程度かかります。しかも、自分で送らなければいけません。パソコンの梱包や発送は、意外と手間ですよね。

不要になるパソコンというのは、ほとんどの場合古いものです。手間もお金もかかる上、やりとりも面倒……。そんな理由から、邪魔だと思いつつもつい、お部屋に置きっぱなしにしていることもあるのではありませんか?
そんなときには、ぜひ当社をご利用ください。車を持っている方は持ち込みもしていただけますし、持っていない方は出張回収でお引き取りいたします。

片付けから品物の処分まで一括でできる

荷物が多い部屋02

マンションでも一軒家でも、住人がいなくなったとき、必ずしなくてはいけないのが「片付け作業」です。
片付け作業には行政によるサービスなどもありますが、不要品を持ち出して処分しなければいけないという点は引っ越しと一緒です。

不要品の処分に行政のサービスを利用する場合、いろいろなケースが考えられます。自治体と呼ばれているだけあって、市区町村ごとにサービス内容も千差万別だからです。
たとえば、「予約をすれば家具一つにつき数千円で処分します」という自治体もあれば、「クリーンセンターに自分で持ち込んでください」という自治体もあります。「粗大ごみの日に所定の場所に置いておいてください」という自治体だってあります。

小さな品物なら良いですが、大きな家具や重たい家電などの場合、1人ではとても持ち運びできないという方も多いでしょう。
当社では、片付けから持ち運びまで、まとめて依頼を受けることも可能です。
片付けたい荷物はあるけれど、「重い物で持ち運べない」「自分一人でやるのは大変」とお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

業界の料金相場を安値にリード

軽トラック05

当社では、たとえば軽トラック1台分の品物の場合25,000円にて回収しています。この価格は今でこそ業界でも平均値として安定しているものの、じつはもともとこの業界の相場はもっとずっと高額でした。

2010年ごろは、不要品回収のために軽トラックを1台貸し切った場合、だいたい30,000~35,000円を請求されることが多かったのです。しかし、当社では今と同じ価格、25,000円にてお引き受けしておりました。
2012年ごろ、この相場に変化が起きました。インターネットの不要品回収カテゴリで、当社が1位を獲得。おかげさまで、検索エンジンでもよくヒットするようになったのです。
当時の相場よりずっと安価でお引き受けする当社を見て、同業他社も価格帯を近づけるようになり、その結果、現在では軽トラック1台で25,000円前後が業界の主流になっている、というわけです。

さらに当社では、場合によってはそれよりも安くお引き受けできることもあります。
ご依頼の際にお電話やメールで、「どんな品物が何点あるのか」を細かくお聞きして価格を出すようにしていますので、内容によっては25,000円を下回るケースもございます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

繁忙期「春」のご予約は早めが吉

さくら

回収業界は年末年始の大掃除時期が繁忙期、と思われがちですが、じつは引っ越しが盛んな2~4月が本当の繁忙期です。新入学の学生さんも、転勤される社会人の方も、4月になるとたくさんのご連絡をいただきます。
とくに多いのが、学校の先生や公務員などの方々の引っ越しです。公的な職種の方々には4月の異動が多く、3月にはご予約が殺到します。

そのため、この時期になると業界全体でトラックが足りなくなるほどです。たとえば大手レンタカー会社に予約を入れようと電話をすると、「来年のご予約ですか?」と言われることもあるほどです。実際、1年前からレンタカーを予約しておかないと、間に合わないほどなのです。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収 豆知識