電池の処分方法

不用品回収Q&A

電池の処分に困ってます。捨て方を教えて下さい

小さな電気機器にはほとんどの場合必要な電池。こうした電池って普通には捨てられないですよね?電池は保管状況によって発火の危険性があることや希少金属が含まれている為、それを取り出してリサイクルする目的があるから分別する必要があるのです。そうした処分方法についてご説明していきますね。

自治体・電器店の回収ボックスを利用する
住民センターや役所などに電池の回収ボックスが置かれているのをご存知でしょうか?自治体によっても異なりますが、市役所だけでなく近くの家電量販店などでも電池の回収をしている場合があります。自治体や家電量販店を探して、電池持ちこめば問題なく捨てられます。

地域のゴミ回収日に電池を処分する
自治体によっては、電池をゴミ処分として回収してくれる場合もあります。ただし、電池のゴミ処分は地域ごとに差が大きく、「燃えないゴミ」や「有害ごみ」として回収されるので注意が必要です。また、ゴミを捨てる際には、電池のプラス極とマイナス極をセロハンテープなどで絶縁してから処分する必要がある地域も存在するので、ご自身の住んでいる地域の処分方法を今一度確認することが大切です。

電池を処分する際の注意点
用法を守れば生活を快適なものにしてくれる電池ですが、処分する際に気をつけないと問題が発生する場合があります。例えば、処分が面倒だからと言って土に埋めたりすると、有害物質が土壌に流れ込む可能性があります。また、電池を分解したり改造することは、けがを引き起こす可能性があるので注意が必要です。そのため、電池を処分する際には予め決められた処分方法を使って、捨てることが大切です。

電池を処分するときは、大きく分けるとゴミ処分かリサイクル回収ボックスに入れるかのどちらかになります。そして、これは地域ごとに捨て方や捨てる分類が異なるので、各々で確認する必要があります。こうした確認は役所や地域の清掃局で調べられるので、事前に確認しておき、いざ電池を処分するときには困らないようにしましょう。

小さな電気機器にはほとんどの場合必要な電池。こうした電池って普通には捨てられないですよね?電池は保管状況によって発火の危険性があることや希少金属が含まれている為、それを取り出してリサイクルする目的があるから分別する必要があるのです。そうした処分方法についてご説明していきますね。

住民センターや役所などに電池の回収ボックスが置かれているのをご存知でしょうか?これは場所によって異なるのですが、多くの地域では回収ボックスが置かれています。また、こうした役所だけでなく、近くの家電量販店などでも電池の回収をしています。そのため、自治体に設置してある回収ボックスや家電量販店の中にある回収ボックスを探して、電池をその中に入れれば問題なく捨てられます。

自治体によっては、電池をゴミ処分として回収してくれる場合もあります。ただし、電池のゴミ処分は地域ごとに差が大きく、「燃えないゴミ」や「有害ごみ」として回収されるので注意が必要です。また、ゴミを捨てる際には、電池のプラス極とマイナス極をセロハンテープなどで絶縁してから処分する必要がある地域も存在するので、ご自身の住んでいる地域の処分方法を今一度確認することが大切です。

用法を守れば生活を快適なものにしてくれる電池ですが、処分する際に気をつけないと問題が発生する場合があります。例えば、処分が面倒だからと言って土に埋めたりすると、有害物質が土壌に流れ込む可能性があります。また、電池を分解したり改造することは、けがを引き起こす可能性があるので注意が必要です。そのため、電池を処分する際には予め決められた処分方法を使って、捨てることが大切です。

電池を処分するときは、大きく分けるとゴミ処分かリサイクル回収ボックスに入れるかのどちらかになります。そして、これは地域ごとに捨て方や捨てる分類が異なるので、各々で確認する必要があります。こうした確認は役所や地域の清掃局で調べられるので、事前に確認しておき、いざ電池を処分するときには困らないようにしましょう。

不用品回収トップに戻る

不用品回収不用品回収Q&A